技術レポート一覧

制振材料とその性能測定について

 振動計測・解析分野で、「制振」「制振材料」という用語が使われています。制振とは、振動エネルギーを熱エネルギーに代えることにより振動の鋭さを制御してゆこうとするもので、今まで主流であった「防振」の剛性変更・振動絶縁などによるものとは基本的に考え方が異なります。制振という考え方で、振動を出来るだけ抑えて、より快適な環境を創造してゆこうとするものです。今回、この「制振」に的を絞り、制振の意味や防振との違いから、制振材料の測定方法、並びに測定に当たっての注意事項等をここにまとめてみました。振動分野に関わる方々、特に制振・防振に携わっている方々には、通読されることをお勧めいたします。

1.制振

2.制振材料

3.損失係数

4.制振性能の測定法

5.半値幅法

6.減衰率法

7.インピーダンス法

8.非共振法

9.制振性能試験法に関する規格

10.制振性能の試験法

11.片持ち梁法

12.中央加振法

13.片持ち梁法と中央加振法の選択

14.各試験法より求めた損失係数の比較

15.マスキャンセル

16.FFT のズーム分析の必要性

17.ズーム解析とマスキャンセル

18.極零モデルを用いたカーブフィットによる

損失係数の測定

19.二点吊り法

20.損失係数の振動モード依存性

21.正確な周波数応答関数を得るために

22.損失係数測定の際使用する窓関数について

23.ヤング率等の計算

24.粘弾性材料の物理特性

25.換算周波数ノモグラム

26.逆U字プロット

27.損失係数の近似式

28.ヤング率の近似式

29.制振合金の歪みに対する損失係数の測定 

30.参考文献

31.補足資料
「片持ち梁法に使用する電磁加振器
(電磁検出器)の特性について」

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針