製品写真(FT-7200アドバンストハンディタコメータ&FT-0801シガーライターソケットセンサ)

FT-7200 アドバンストハンディタコメータは、 使い易く高機能な、小型ハンディタイプの高性能ディジタル回転計です。モータや各種回転機などから発生する騒音や振動または磁束の変化などの様々な信号から、FFT(高速フーリエ変換)演算により、回転速度を測定します。騒音計や振動センサからの複雑な波形信号でも、5種類の計測モードで、回転速度に相当する周波数成分を確実に抽出し、正確な回転速度を演算表示します。

 

既に製品に組み込まれたモータ等、回転軸が隠れていて従来方法では測定が困難であった回転速度測定も、音や振動から、簡単に行うことが出来ます。今までのように測定対象物に反射マークを貼付したり、回転軸に特殊な加工を施す必要もありません。また、FT-7200 は、新アルゴリズムの搭載により、今までは難しかったモータの立ち上がり/立ち下がり等の回転速度の急激な変化やエンジン回転の急加減速にも、高い追従応答性能で回転速度を演算・表示します。 電池駆動のハンディタイプなので、測定現場への持ち運びが便利で、簡単に計測できます。

 

組合せ可能なセンサ(別売)として、音検出器としてのマイクロホンや騒音計をはじめ、振動検出器としての加速度検出器やエンジン振動検出器、磁束検出器としてのイグニッションパルス検出器に加え、車の Power Outlet(シガーライターソケット) から出力される電圧のイグニッションノイズから検出するシガーライターソケットセンサ(FT-0801)等、用途に合わせて豊富な検出器群からお選びいただけます。

特長

FFT 演算方式採用の小型ハンディタイプ
5 種類の計測モードから最適アルゴリズムを選択可能
立ち上がり/立ち下がり等の急激な回転速度変化や加減速に対応可能な追従計測アルゴリズム搭載
回転軸が隠れていても、音や振動から回転速度を演算表示
小型(マイクロ)モータの細い回転軸やファンの羽の回転も非接触で測定可能
様々な回転測定用途をカバーする多彩なセンサをラインアップ
アナログ出力機能、平均化処理機能付き

バックライト付きLCD、大型数値表示


 

FT-7200 デモンストレーション 紹介動画 (YouTube)

扇風機の回転速度計測(HT-5500と比較)

 

シガーライターソケットセンサによるエンジン回転速度計測(HT-6100と比較)

 

計測モード

計測内容によって、下記5種類のモードから測定アルゴリズムを選択可能です。C、D、E モードは、内部処理を高速で処理することにより、加減速に追従。Cモードは、最大ピークを見失ったときでも、あるべきピークを予測し、回転速度を演算します。Dモードは最大ピークに追従、Eモードは最大 8個の周波数ピークから最適な回転速度を選択できます。

測定モード MODE 測定アルゴリズム
定常回転測定(Constant)

(測定対象物の回転速度が一定している場合に有効なモード)

A 最大ピーク周波数法
B 周波数間隔法
回転加減速度測定(Active)

(測定対象物が加減速する回転速度を計測する場合に有効なモード)

C 最大ピーク周波数法(複数次数ピーク追従)
D 最大ピーク周波数法(ピーク追従)
E 最大ピーク周波数法(回転速度候補選択)

最大ピーク周波数法

イラスト(最大ピーク周波数法)
パワースペクトルの最大ピークの周波数で演算します。通常、このモードで測定します。

周波数間隔法

イラスト(周波数間隔法)
回転の各次数成分の周波数間隔を順次求めていき、その中で最も多くあらわれた周波数間隔を回転速度の1次成分と判断し回転速度を決定する方法です。1次ピークが不安定な場合に有効です。

回転速度候補選択

イラスト(回転速度候補選択)
最大8個までのパワースペクトルのピーク周波数の内、任意の1つのパワースペクトルに着目して測定します。

FT-7200 の新しいモード C と従来機種との比較 - 従来機種では計測できなかった回転体も、モード C にて計測可能です(左図)。また、急加減速に対する追従性も向上しています(右図)。

 

比較データ(FT-7200の新しいモード C と従来機種との比較)

(アナログ出力をオシロスコープで比較)

モータの回転計測

写真(モータの回転検出例)

振動からの回転計測

写真(振動からの回転検出例)

漏洩磁束からの回転計測

写真(エンジンからの回転検出例)

車のシガーソケットからの回転計測

写真(車のシガーライターソケットからの回転検出例)

マイクロホンや振動センサを使用したエンジン回転計測例

イラスト(マイクロホンや振動センサを使用したエンジン回転計測例)

エンジンのピストンの動きに起因した音や振動から、エンジンの回転速度を計測できます。エンジンルームにカバーがかかっていて、エンジン回転センサの取り付けができない場合に有効です。
パルス数は、クランクシャフト1回転あたりの点火・爆発回数を設定します。 (例)4 サイクル 4 気筒の場合パルス数は2P/R

家庭電化製品に組み込まれたDCモータの回転計測例

イラスト(家庭電化製品に組み込まれたDCモータの回転計測例)

家庭用電化製品に組み込まれた DC モータの回転速度を計測します。例えば電動歯ブラシ等、内部に DC モータを組み込んだものでも、モータからの漏洩磁束から回転速度が得られます。DC モータのロータの極数を入力するだけで、回転速度測定ができます。

エンジン回転センサを使用した回転計測例

イラスト(エンジン回転センサを使用した回転計測例)

自動車の一次側低圧、二次側高圧導線にセンサをクランプすることにより、エンジンの回転速度が得られます。1回転あたりの点火回数を入力するだけで計測できます。
パルス数は1回転あたりの点火・爆発回数を設定します。

 

(例)4 サイクルエンジンの場合: 一次側で計測する場合、気筒数の半分の値を設定。二次側で計測する場合、2回転で1パルスのため 0.5 P/R と設定

加速度ピックアップを使用した小型ファンの回転計測例

イラスト(加速度ピックアップを使用した小型ファンの回転計測例)

小型ファンなどの回転体の回転速度を計測します。回転体の振動は、回転運動に依存します。振動の周波数を計測することにより、回転体の回転速度が得られます。

加速度ピックアップを使用したコンプレッサの回転計測例

イラスト(加速度ピックアップを使用したコンプレッサの回転計測例)

エアコンなどで使用されているコンプレッサの回転速度を計測します。回転軸が出ていないコンプレッサの回転速度も、FT-7200 と加速度ピックアップの組み合わせで測定できます。

マイクロホンを使用した、マフラー音からのエンジン回転計測例

イラスト(マイクロホンを使用した、マフラー音からのエンジン回転計測例)

自動車のマフラー音からエンジンの回転速度を計測します。マフラー音には、エンジンの回転に起因した脈動成分が含まれています。その脈動の周波数成分から、エンジンの回転速度計測が可能です。 パルス数は、クランクシャフト1回転あたりの点火・爆発回数を設定します。
マフラーの性能によっては、計測できない場合があります。

シガーライターソケットセンサ FT-0801 によるエンジン計測

イラスト(シガーライターソケットセンサ FT-0801 によるエンジン計測)

自動車や建機に搭載されている Power Outlet に接続します。Power Outlet から出力される電圧のイグニッションノイズを検出し FT-7200 でエンジン回転速度を計測できます。

 

バッテリー電圧 12 V、24 V に対応しています。

EV 車の DC モータ回転速度測定

イラスト(EV車のDCモータ回転速度測定)

DC モータは、様々な分野で使用されており、特に近年では電気自動車での利用に伴い、より正確なモータ回転速度計測が重要となってきています。ここでは、OM-1200 電磁誘導方式検出器を使用し、DC モータの回転軸と直交に取り付け、DC モータからの漏洩磁束を検出して、FT-7200 で回転速度を表示します。アナログ出力は回転速度変化の様子をペンレコーダ等で記録するために、またモニター用アナログ出力は波形確認信号としてお使いいただけます。

遠心分離機の回転計測例

イラスト(遠心分離機の回転計測)

遠心分離機は、回転軸が内部に隠れているため反射テープを用いた回転計測ができません。
しかし、FT-7200と加速度ピックアップを用いる事によって、回転計測が可能となります。
遠心分離機の蓋に加速度ピックアップを取り付け、回転に寄与する振動成分検出します。
FT-7200はFFT演算方式により、安定的な回転計測ができます。

概略仕様

計測部
被測定体 DC モータ、コンプレッサ、エンジンまたは一般回転体
演算方式 FFT 演算方式
測定時間 250 ms 以内
入力周波数範囲
2000 Hz レンジ 30 ~ 2000 Hz(1,800 ~ 99,999 r/min)
 500 Hz レンジ 7.5 ~ 500 Hz(450 ~ 30,000 r/min)
250 Hz レンジ 3.75 ~ 250 Hz(225 ~ 15,000 r/min)

ただし、1 P/R の場合

測定単位 r/min(回転速度)
測定精度(r/min)

±2 × 回転速度分解能(r/min)± 1カウント

※回転速度の精度は周波数レンジに依存

最小回転速度分解能(r/min)

周波数レンジ(Hz)÷ 6400 × 60 ÷ 設定パルス数(P/R)

※回転速度が加速・減速していると時は分解能は粗くなります。
6400 = 200 line × 32

フィルタ機能 選択された周波数レンジの範囲の中で、測定したい周波数範囲(回転速度)を限定
平均化処理 移動平均処理
平均回数:OFF、2、4、8、16
センサアンプ感度調整ボリューム センサアンプ感度を本体右側のロータリ式ボリュームにて調節可能
検出部
適合センサ
エンジン回転 OM-1200/1500IP-292、IP-296IP-3000AIP-3100、FT-0810
振動 VP-202、VP-1220NP-2000シリーズNP-3000シリーズ
MI-1433(マイクロホン)+ MI-3111(マイクロホンプリアンプ)
その他 FT-0501、漏洩磁束センサ、LED反射光オプトファイバセンサ

※エンジン及び測定対象物のタイプによっては正常に検出出来ない場合があります。

電圧レベル    5 V:Max ± 5 V
 0.5 V:Max ± 0.5 V
0.05 V:Max ± 0.05 V
入力結合 AC 結合
NPセンサ用電源 定電流電源(2.4 ± 0.5 mA)
表示部
表示桁数 5 桁
文字高さ 10.2 mm
表示器 LCD 7 セグメント、バックライト付
表示更新時間 0.5 ± 0.2 秒
表示分解能 1 r/min
測定モード部
CNS(Constant)
Mode A、B 測定対象物の回転速度の変動が少ない場合(定格回転速度を測定する場合など)に使用
ACT(Active)
Mode C、D、E 測定対象物の回転速度が加減速する場合に使用(ただし、急激に変化したときは正しく測定できない場合があります)
アナログ出力部
【REVO】アナログ出力
出力内容 回転速度表示値に対して出力
電圧範囲 0 ~ 1 V/0 ~ F.S.(F.S.を任意設定)
変換方式 10 bit D/A 変換方式
リニアリティ ±1 % of F.S.
出力更新時間 250 ms 以内
温度安定度 ±0.05 % of F.S./ ℃(Zero & Span)
設定誤差 ±0.5 % of F.S.(工場出荷時の調整設定誤差、Zero & Span)
負荷抵抗 100 kΩ 以上
出力コネクタ ミニミニジャック(φ2.5)
【SIG】モニター用アナログ出力
出力内容 センサ信号を波形整形した後のモニター用アナログ出力
負荷抵抗 100 kΩ 以上
出力コネクタ ミニミニジャック(φ2.5/REVO出力と共用)
パルス出力部
信号内容 FFT処理で抽出したパワースペクトルの周波数パルス
出力電圧 Lo:0.5 V以下、Hi:4.5 V 以上(無負荷時)
出力更新時間 定常回転モード(Constant):500 ms 以内
回転加減速モード(Active):250 ms 以内
負荷抵抗 100 kΩ 以上
出力コネクタ ミニミニジャック(φ2.5/REVO出力と共用)
一般仕様
電源 単4形乾電池 4本、もしくは PB-7090 専用ACアダプタ(オプション)
連続使用時間

約 6 時間(バックライト OFF 時)
約 5 時間(バックライト ON 時)
(アルカリ乾電池使用、20 ℃にて、NP センサ使用時を除く(*1))

(*1) NP センサを使用する場合は定電流電源の駆動により消費電流が多くなるため専用 AC アダプタを使用することをお奨めいたします

バッテリ LOW 表示 約 4.2 V で点灯
使用温度範囲 0~+40 ℃
保存温度範囲 −10℃~+50 ℃
使用湿度範囲 +35 ~ +85 % RH(結露不可)
保存湿度範囲 +35 ~ +85 % RH(結露不可)
外形寸法 180.5(L)× 66(W)× 47.5(D)mm(本体のみ)
質量 約 280 g
付属品 単4形アルカリ乾電池 4本、キャリングケース、取扱説明書3種
価格 (税込

オプション(検出器)

詳細製品情報へリンクしています
イグニッション検出器
(1次側用)
IP-292
(税込

 

イグニッション検出器
(2次側用)
IP-296
(税込

 

エンジン回転検出器
IP-3000A
(税込

エンジン回転検出器
IP-3100
(税込

イグニッションパルス検出器
OM-1200
(税込

 

イグニッションパルス検出器
OM-1500
(税込

 

DCモータ用回転検出器
FT-0501
(税込

 

圧電型加速度検出器
NP-2000シリーズ

NP-3000シリーズ

* NP-2000シリーズを使用する場合は別途チャージアンプが必要です。

エンジン回転検出器
VP-202
(税込
 

 

エンジン回転検出器
(高感度タイプ)
VP-1220
(税込

シガーライターソケットセンサ
FT-0801
(税込
 

入力電圧:12 V、24 V
ケーブル長:2 m
コネクタ:BNC

 マイクロホン
+プリアンプ
MIシリーズ

マグネットスタンド
+スタンド治具
HT-0522 (税込 )+HT-0521A (税込

測定用三脚
LA-0203D
(税込
ACアダプタ
PB-7090
(税込

製品写真(PB-7090 ACアダプタ)

入力:AC100~240V
出力:DC5.9 V / 3.5 A
(付属ACケーブルは AC100~120V 用)

信号ケーブル(2m)
AX-501
(税込

アナログ・パルス出力兼用
Φ2.5ピンプラグ~CO2形(BNC)

最終更新日:2016/09/28



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針