Osocpe動画再生機能(OS-0281) を利用した

車両ドア閉まり音の比較事例

概要

Oscope2は動画再生オプションの追加により、利用用途が大幅に広がりました。 音声データと映像データを並べて比較することにより、現象の理解と評価を行いやすくなります。

また、シンクロナイザの機能を使用することにより、ビデオカメラと計測器の収録データのスタート位置を簡単に合わせることができます。 本例では、この動画インポート機能を利用した車両ドア閉まり音の比較事例をご紹介いたします。

システム構成

ドアロック音の評価


シンクロナイザ機能について

Oscope2にビデオカメラでの収録データとDS-3000での収録データをそれぞれインポートします。
ビデオカメラとDS-3000は、非同期にデータを収録したので、HT-5500のパルス信号の時刻位置が一致しません。

 

「シンクロナイザ」では、ビデオカメラで収録したHT-5500の信号と、DS-3000で収録したHT-5500の信号を選択します。

ご覧のように、「シンクロナイザ」を使えば、2つのファイルの時刻ズレを 合わせることができます。


解析結果

A車 計測部位: 運転席(車室内) 右耳位置付近
映像モニタ
ラウドネス(時間×周波数カラーマップ)
ラウドネス(瞬時周波数)

B車 計測部位: 運転席(車室内) 右耳位置付近
映像モニタ
ラウドネス(時間×周波数カラーマップ)
ラウドネス(瞬時周波数)

 

 

5 kHz と 45 Hzでのラウドネスの比較


 

※ ラウドネスグラフでの値と聴いた印象が一致した

機器構成

    型名 品名
1 DS-3000シリーズ ESUFEEL
(4ch FFTセット)
◆DS-3204 4chメインユニット
◆DS-0321 FFT解析機能
◆DS-0350 レコーディング機能
◆USB3.0 ケーブル(2 m)
2 トリガー検出 HT-5500 ディジタルハンディタコメータ
3 データ解析処理 OS-2740
OS-0281

-
Oscope2 音質評価パック
動画再生オプション
PC
4 音声検出 MI-1235
MI-3111
マイクロホン
プリアンプ

ポイント
  • 音質評価解析(ラウドネス)と、ドア閉まり音の状況(映像)を合わせて確認することが出来ます。
  • 映像モニタは最大4つ同時に表示することができ、様々な角度からの現象を映像で確認することができます。
  • 映像情報があるので、ドアを閉める速度が変わった場合の音色やドアの振動の状態などを比較することも可能です。
  • 映像モニタと瞬時ラウドネス解析結果、および音データを合成したアニメーションファイル(AVI形式)を作成することができます。

小野測器では、本アプリケーションによる測定を、音響・振動に精通したコンサルティンググループで承っております。

詳しくはこちらのページを参照下さい。

※ WMVを再生するには*Windows Media Player 7.1以上が必要です
※ FLASH MOVIEを再生するには Adobe Flash Playerが必要です

最終更新日:2012/09/18



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針