製品写真(GE-2500 ディーゼルエンジン回転計)

 

GE-2500 ディーゼルエンジン回転計は、エンジンの回転速度とオルタネータの回転速度が比例関係にあることを利用し、オルタネータの回転速度を計測することでエンジンの回転速度を求める、新たな計測手法のエンジン回転計です。

オルタネータの回転速度計測用には、専用の小型検出器 OM-1500 を開発しました。OM-1500 はオルタネータの漏れ磁束を検出し、GE-2500 と接続することによって回転速度を計測します。
(OM-1200もご使用いただけます。)


GE-2500はエンジンおよびモータの種類によっては測定できない場合や、測定範囲が変わる可能性があります。
使用実績のないエンジンやモータにつきましては、デモ機での確認をお願いします。デモ機につきましては弊社最寄の営業所までお申し付けください。

特長

どのタイプのエンジンでも確実に計測が可能な回転計。 ディーゼル、ガソリンでも計測可能。

●オルタネータの回転速度を利用する事により、エンジンの種類・気筒数に関係なく計測可能です

 

自動校正機能付き。オルタネータとエンジンの回転速度比率を自動で求めます。

●オルタネータの回転速度からエンジンの回転速度を求めるには、計測する前に校正を実行し回転比率を求める必要があります

 

セッティングが簡単。センサの取付位置は迷わず、ラフな取付で計測可能。

●測定対象車両が走行中や動作中でも測定が可能です

 

  • FFT演算方式により微小な信号でも計測可能。

●ノイズに強く安定的な計測が可能です



< GE-2500では、今まで困難だった計測を可能にしました >

比較データ (6気筒エンジン)
従来機種ではアイドリング回転速度周辺では計測可能でしたが、回転速度が上昇すると計測できない領域がありました。GE-2500では全領域にて安定的に計測可能です。

計測方法


STEP1 オルタネータにセンサ(OM-1500 または OM-1200)を取り付けます。
① オルタネータの回転軸に対して直交するようにセンサを取り付け固定します。
② GE-2500の裏パネル「MAIN」コネクタへ接続します。
 
     
STEP1 校正を実行し、オルタネータとエンジンの回転速度比率を本体(GE-2500)に設定します。
● 校正用センサを使用する場合
● 手動で設定する場合(3種類から1つを選択)
  【注意】校正中は、エンジンをアイドリング状態にしてください
 
校正用センサを使用する場合
エンジン、オルタネータの回転速度を同時に計測し、自動で回転速度比率を求めます。

校正例
手動で設定する場合(3種類から選択)
 ■プーリ比、オルタネータの極数を入力

■回転比率を入力
(オルタネータとエンジンの回転速度比)

■アイドリング時のエンジン回転速度を入力

 
STEP1 校正終了後は、校正センサを外し、
計測用(OM-1500 または OM-1200)のみで計測を開始します。
校正により求めた回転速度比率値は、GE-2500本体に自動で保存されます。本体に5条件まで保存することができます。

システム構成と接続例

GE-2500 システム構成

概略仕様

計測部
計測対象 ディーゼルエンジン、ガソリンエンジン(オルタネータがないエンジンは計測不可)
演算方式 FFT 演算方式
入力周波数範囲 1 kHz、2 kHz、5 kHz(計測モード MAIN) / 500 Hz(校正モード REF)
測定精度 ±2 × 回転速度分解能 [r/min] ±1 カウント
回転速度分解能 周波数レンジ(Hz)÷ 12800 × 60 ÷ 回転比率
表示部
表示器 蛍光表示管
表示更新時間 0.2、0.5、1、2(秒)から選択
表示分解能 1 r/min、1 Hz
測定表示範囲 20,000 r/min
入力部
入力部 2 ch MAIN(計測用) REF(校正用)
入力電圧レンジ ±5 V、±0.5 V、±0.05 V
入力コネクタ BNC
入力結合 AC結合
定電流駆動電源 2.2 ~ 3.2 mA(REFのみ)
アナログ出力部
【 REVO 】
出力内容 回転速度演算値に対して出力
電圧範囲 0 ~ F.S. / 0 ~ 10 V(フルスケールは任意設定可能)
変換方式 12 bit D/A 変換方式
リニアリティ ±0.3 % / F.S.
出力更新時間 200 ms 以内
負荷抵抗 100 kΩ 以上
出力コネクタ BNC
【 SIG 】
出力内容 MAINに入力したセンサの出力信号(アナログ出力と切替にて使用)
負荷抵抗 100 kΩ 以上
出力コネクタ BNC
パルス出力部
出力内容 回転速度演算値の周波数をパルス出力する
[例:6,000 r/min時は 100 Hz Duty1:1]
出力電圧 Hi:+4.5 V 以上 / Lo:+0.5 V以下 (無負荷時)
出力更新時間 200 ms 以内
負荷抵抗 100 kΩ 以上
出力コネクタ BNC
一般仕様
電源 DC 12 ~ 24 V
消費電力

8 VA 以下

使用温度範囲 0 ~ +40 ℃
使用湿度範囲 20 ~ 80 % RH(結露なきこと)
保存温度範囲 -10 ~ +55 ℃
保存湿度範囲 20 ~ 80 % RH(結露なきこと)
外形寸法 約 144(W)× 72(H)× 180(D)mm(突起部含まず)
質量 2 kg 以下
規格 CEマーキング対応、RoHS対応
付属品 取扱説明書3種各1部、ゴム足4式
・GE-0102 シガーソケット電源ケーブル 1.5 m 1本
価格 (税込
オプション ・GE-0102 シガーソケット電源ケーブル 1.5 m : (税込
(GE-0102 は GE-2500本体に付属しています)

※エンジンの種類、モータの種類によっては、計測できない場合があります。デモ用機器でのご確認をお願い致します。デモ用機器につきましては、最寄りの営業所までお申し付けください。
※本製品はオルタネータとエンジンの回転が同期している事が前提条件です。
※特殊なオルタネータや、エンジンと繋いでいるベルトに緩みがあると、計測誤差が大きくなり計測できない場合があります。

関連製品

■ 計測用センサ :オルタネータの回転検出器・・・オルタネータの回転速度を漏れ磁束から検出するセンサ
モータ/エンジン回転検出器
OM-1200

(税込

OM-1200 モータ/エンジン回転検出器

※ケーブル別売
MX-005、MX-010 他

モータ/エンジン回転検出器
OM-1500

(税込

OM-1500 モータ/エンジン回転検出器
  OM-1200 OM-1500
検出方式 電磁誘導方式
ケーブル長 (別売) 4.9 m
使用温度
範囲
0 ~ +80 ℃ -10 ~ +100 ℃
質量 約 65 g 約 130 g
(ケーブル含む)
外形寸法 φ16×54 mm
(センサのみ)
φ16×80 mm
(ケーブル接続時)
φ16×30 mm

最終更新日:2013/03/18



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針