製品写真(DS-3000 ESUFEEL サーボ解析システム)

DS-3000“ESUFEEL”サーボアナライザ DS-0342(周波数特性分析器)は、制御回路や機械構造物の伝達関数(周波数応答関数)を高精度に計測する機器です。
制御回路の特性(位相余裕、ゲイン余裕)、構造物の共振周波数の計測、インピーダンスの計測などを行うことができます。

「使いやすい操作性」「多彩なグラフ表示」の他に下記の機能を備え、使いやすさを徹底追及した、PCベースのサーボアナライザです。

 

● FRA方式と FFT方式の 2種類を搭載
● 最大測定チャンネル数: 4ch(100 kHzユニット)
最大測定チャンネル数:32ch( 40 kHzユニット)
● 各チャンネル間および信号出力をアイソレーション
● 加振器のコントロールが可能

多種類な測定項目・測定対象に対応

測定項目:サーボ特性測定、インピーダンス特性測定、共振特性測定、伝達特性測定、音響特性測定

測定対象:DCモータ、光ピックアップ、圧電素子、スイッチング電源、バッテリ、スピーカ、イヤホン、など

特長

高精度&高機能・ハードウェア(100 kHz入出力ユニット)

周波数応答関数(FRF)を高精度で計測するために、入力部のチャンネル間誤差を大幅に低減しました。
振幅誤差 ±0.05 dB以内(0~20 kHz)、±0.1 dB以内(20 k100 kHz)
位相誤差 ±0.3 deg 以内(020 kHz)、±0.7 deg以内(20 k100 kHz)

 

 

 

(1) ハードウェアに加算アンプ機能(DS-0374)を追加可能です。
本体(100 kHzユニット)からフィードバック信号にノイズ信号(周波数応答関数計測用)を加算した信号を出力できます。
ケーブルの引き回しが少なくなり、耐ノイズ性が向上します。
※DS-0373(1ch 100 kHz帯域信号出力ユニット)にのみ追加できます。
加算アンプ機能(DS-0374)
(2) 出力ch および入力ch は、筐体および各入出力間でアイソレーションしています。


加算機能(DS-0374)について


制御系の一巡伝達関数(ループゲイン)を測定する接続例

サーボ&音・振動 解析

機械制御特性計測(サーボ解析ソフト:DS-0342)と騒音振動計測(FFT解析ソフト:DS-0321)を“ESUFEEL”上でモードを切り替えるだけで計測可能です。 例えば、カメラの手振れ補正制御特性とモータ音などの計測を合わせて行うことができます。

FFT解析例 機械制御特性 計測例

FFT計測例&機械制御特性(周波数応答関数)計測例


※上の画像をクリックすると、拡大して表示します

便利な機能を搭載

減衰比リストアップ機能

FRFピーク点における半値幅法による減衰比(損失係数)リストアップが可能です。

オート分解能コントロール機能

鋭いピーク付近の周波数分析能を自動的に上げる機能です。短時間で精度の高い結果を得ることができ、ピークの見逃しを防ぎます。
<周波数応答関数>

周波数応答関数(オート分解能機能OFF)

オート分解能コントロール機能 OFF

周波数応答関数(オート分解能機能ON)

オート分解能コントロール機能 ON
<ナイキスト線図>

ナイキスト線図(オート分解能機能OFF)

オート分解能コントロール機能 OFF

ナイキスト線図(オート分解能機能ON)

オート分解能コントロール機能 ON

-3 dB 自動サーチ機能

カーソルで選んだ基準値から -3 dB下がった点を自動的にサーチします。

PCベースならではの多彩なグラフを同時に表示可能

ボード線図、ナイキスト線図、コクアド線図、ニコルス線図、コールコールプ ロットなどの周波数応答関数(FRA)を多彩な方法で表示可能です。 計測中の時間波形やその瞬時スペクトルをモニタ可能で、接続方法の確認や動作中の系の異常などをリアルタイムに確認できます。

2種類の演算方式を搭載

FRA 方式
単一周波数毎にそのゲイン・位相を求める方式です。
高精度で高ダイナミックレンジな測定を行うときに使用します。

FRA方式(計測時間 100秒)
Log Sin スイープ加振
FFT 方式
ゲイン・位相を高速で求める方式です。
短時間で広い帯域の測定を行うときに使用します。

FFT方式(計測時間 3秒)
ランダム加振

制御特性計測と騒音振動計測がモードを切り替えるだけで可能

ディジタルカメラの手振れ補正制御特性とモータの音振動を
合わせて計測することが可能です。

リモートコントローラによる操作が可能

PC上のソフトを操作することなく、計測スタート、ストップ、データ保存などが可能。 作業や監視位置に近い場所から操作することで、計測作業の負荷を軽減します。

計測例

計測例1:小型モータの回転トルク制御特性計測

産業機器や自動車など様々な製品に組み込まれるモータには、その回転速度・トルクなどを制御するための制御回路(閉ループ回路)が組み込まれています。 この制御特性の評価として、一般的には利得余裕、位相余裕を計測して、その安定性を評価します。DS-3000サーボ解析システムを用いれば、この評価を簡便に高精度で行うことができます。

計測例2:レーザドップラ振動計を用いた電子機器基版の加振制御計測

ボード線図、ナイキスト線図、コクアド線図、ニコルス線図、コールコールプ ロットなどの周波数応答関数(FRA)を多彩な方法で表示可能です。 計測中の時間波形やその瞬時スペクトルをモニタ可能で、接続方法の確認や動作中の系の異常などをリアルタイムに確認できます。

計測例3:2次電池/燃料電池(単セル用) 交流インピーダンス測定システム

※ 0V高速電子負荷装置は株式会社 計測技術研究所の製品です。

<計測イメージ コール・コールプロット>

計測イメージ コール・コールプロット

DS-3000 サーボ解析システムと電子負荷装置を組合わせることによって、実働負荷状態での交流インピーダンスを高精度/高速測定可能です。

計測例4:スピーカ周波数特性の評価

システム構成(スピーカ周波数特性の評価)

計測イメージ(スピーカ周波数特性の評価)

スピーカの周波数特性を簡単に計測することができます。DS-3000 の出力信号をスピーカ用アンプおよび CH1 に接続します。スピーカから発生する音を騒音計やマイクロホンで計測し、CH2 に接続します。 「位相回転演算補正」機能を搭載しており、CH間の遅延量から位相回転を補正できます。

 

計測例5:電気機器の振動特性計測

システム構成(スピーカ周波数特性の評価)

計測イメージ(スピーカ周波数特性の評価)

対象物の周波数特性を多chで計測することができます。1軸加速度検出を基準信号(ch1)として、3軸加速度検出器を3式利用します。合計9ポイントの周波数応答関数を同時に計測できます。 ※計測ch数によって計測できる周波数レンジ、ライン数に制限があります。

 

概略仕様

入力部
 計測チャンネル数

【100 kHz帯域入力ユニット使用時】
最大 4chまで。
解析周波数レンジは 2ch:100 kHzレンジまで、4ch:50 kHzレンジまで可能です。
各チャンネル間は、アイソレーションされています。

【40 kHz帯域入力ユニット使用時】
最大 32chまで。
最大解析周波数レンジは 使用するCH数によって変わります。
各チャンネル間は、アイソレーションされていません。

 カップリング AC/DC
カップリング自動切換え機能付き
 端子 BNC(電圧入力/CCLD切替)
 電圧オートレンジ機能 各チャンネルの電圧レンジを、入力信号のレベルに合わせて、自動で最適に選択しながら計測可能
 ch間精度 ±0.05 dB以内、±0.3 deg以内 ( 0 ~ 20 kHz)
 ±0.1 dB以内、±0.7 deg以内(20 k~100 kHz)
 ダイナミックレンジ 140 dB(FRAモード)
 90 dB(FFTモード、100 kHzユニット)
110 dB(FFTモード、 40 kHzユニット)
信号出力機能
 出力チャンネル数 1ch
 【100 kHz帯域入力ユニット使用時】
   計測チャンネルとはアイソレーションされています
 【40 kHz帯域入力ユニット使用時】
   計測チャンネルとはアイソレーションされていません
 出力信号種類 サイン/サインスイープ(ログ/リニア)/スェプトサイン
ランダム/擬似ランダム/インパルス
 出力電圧 オフセット電圧と振幅合わせて、最大±10 V (Peak)、最小±10 mV以下
 オフセット電圧 ストップ状態でも常に出力するモード
 振幅出力テーパ 上がりと下がりのテーパ(1 ms~10 s)
 計測スタート遅延 信号を出力してから計測するまでの遅延時間を設定(1 ms~10 s)
 出力インピーダンス切り替え 50 Ω、0 Ω切り替え
測定モード(FRAモード)
 測定周波数範囲 10 mHz~100 kHz
 周波数分解能(ログスイープ) 10, 20, 40, 50, 80, 100, 120, 160, 200, 250, 300, 320, 400, 500本/decade
 周波数分解能(リニアスイープ) 100, 200, 400, 500, 800, 1000, 2000, 2500, 4000, 5000本/全帯域
 アベレージ回数 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 20, 25, 30, 40, 50, 60, 80, 100, 120, 150, 180, 200回および任意の回数
 周波数範囲分割設定モード 測定周波数範囲を最大10分割し、各々加算回数および信号出力レベルを変更して測定可能
 オート分解能コントロール機能 周波数全域の特性を精度良く観察できるようにするため、各周波数バンドの decadeを自動的に最適化する機能
測定モード(FFTモード)
 FFT点数 512, 1024, 2048, 4096, 8192, 16384, (32768, 65536)点
※括弧内は信号出力がランダムノイズの時のみ
 周波数レンジ(シングルレンジ) 100 k, 50 k, 25 k, 20 k, 10 k, 5 k, 4 k, 2.5 k, 2 k, 1 k, 500, 400, 200, 160, 100, 80, 50 Hz
 周波数レンジ(ペアレンジ) Hiレンジ:シングルレンジと同じ
Lowレンジ:Hiレンジの1/5, 1/10, 1/20, 1/50, 1/100
 アベレージ回数 2, 5, 10, 40, 50, 60, 80, 100, 120, 150, 200, 250, 300, 400, 500, 600, 800, 1000, 1200, 1500, 1800, 2000回
 周波数分解能拡大機能 計測時の周波数レンジ分解能に対して、周波数分解能を20倍に細かくした正弦波を発生させ、再測定をすることが可能
 演算機能 周波数軸微積分機能(1階微分、2階微分、1重積分、2重積分)
四則演算機能
表示
 周波数応答関数の表示 コクアド線図(横軸:周波数/縦軸:実数部と虚数部)
ボード線図(横軸:周波数/縦軸:ゲインと位相)
ナイキスト線図(横軸:実数部/縦軸:虚数部)
(振幅の対数軸表示が可能)
ニコルス線図(横軸:位相/縦軸:ゲイン)
コールコール表示
 表示モード
FRFモード(3画面表示)
1)FRF(ゲイン・位相)、COH(表示の ON,OFFが可能)
2)ナイキスト、コクアド、ニコルス、SPEC(1,2ch重ねがき)のいずれか
3)TIME、瞬時スペクトル
(重ね合わせて表示およびチャンネルの指定可能)
Listモード(2画面表示)
1)測定条件
2)測定データ全ての No./周波数/FRFゲイン/FRF位相/COH/FRF実数部/FRF虚数部/SPEC1/SPEC2/加算回数のリスト

Peak Listモード(2 or 3画面表示)
FRFのボード線図表示において 3つの方法で周波数、ゲイン、移送をリストアップ
1. ゲインのピーク点(自動サーチ)
2. 任意点
3. ゲイン余裕と位相余裕(自動サーチ)
4. 減衰比リストアップ機能

 

Memoryモード
1)カレント状態のFRF
2)メモリした波形のリスト
3)2)で選択した波形の重ねあわせ表示(最大20画面まで)
Calculation画面(4画面表示)
1)カレントのFRF
2)メモリしたFRF
3)1), 2)を四則演算・微積分演算した結果の波形、1), 2)から開閉ループ変換した結果の波形
※Calculation結果の波形も表示可能
4)3)の計算結果のナイキスト線図・ニコルス線図
 表示機能 位相アンラップ表示
サーチデルタ機能

※ 周波数応答関数(FRF)、コヒーレンス関数(COH)、パワースペクトル(SPEC)、時間軸波形(TIME)
※ 使用するCH数によって最大解析周波数レンジ、ライン数に制限があります。

オプョン機能
 ■ 加算機能(DS-0374) 外乱ノイズを付加するための加算入力端子をハードウェア本体に内蔵するハードウェアオプション(注意:1ch 100 kHz帯域信号出力ユニット(DS-0373)のみ)
一般事項
 電源 AC100~240 V、DC15 V/25~95 VA(DC15 V時)
 付属品 取扱説明書、ACアダプタ、ACアダプタ用ケーブル
 規格 CEマーキング対応
その他
■ -3 dB自動サーチ機能
■ 群遅延
■ 開ループ ⇔ 閉ループの相互変換機能
■ ゲイン余裕、位相余裕を自動サーチ機能

動作環境

インタフェース USB3.0 インタフェースが搭載されていること
(USB2.0 および USB3.0で動作しますが、USB2.0では USB3.0より速度が遅くなります)
OS(オペレーティングシステム) 次のいずれかのOS(オペレーティングシステム)が搭載されていること
Microsoft® Windows® 10 Pro、Enterprise、Education(64ビット版)
Microsoft® Windows® 7 Ultimate / Professional (32ビット版 / 64ビット版)
対応.NET Framework

.NET Framework 4.6

※ 互換モードや Microsoft® Virtual PC 等を利用した場合、DS-3000 マルチチャンネルデータステーションは正常に動作しません。ご注意下さい。

※ DS-0342(サーボ解析)は、DS-0399 ONO-LINK3(USB)に対応しておりません。ご注意下さい。

組合せPC要求仕様

CPU Intel® CoreTM i5 プロセッサ以上(2 GHz以上を推奨)
メモリ 4 GB以上
ハードディスク 空き容量 1 GB以上
光学ドライブ インストールおよびアップデート時に DVD-R、および CD-R の読込みが可能な光学ドライブ

※動作環境に合致した PCであっても、物理的な形状およびインストールされている他のソフトウェアや周辺機器等の影響で、本システムが正常に動作しない場合があります。

セット価格

2ch サーボセット (100 kHz対応)※


通常価格 ¥ 2,220,000

セット価格 (税込

<セット内容>

DS-3200 メインユニット
DS-0366 2ch 100 kHz帯域入力ユニット※
DS-0373 1ch 100 kHz帯域信号出力ユニット※
DS-0342 サーボ解析機能
USB3.0 ケーブル(2m)

※DS-0366(2ch 100 kHz 入力ユニット)と DS-0373(1ch 100 kHz帯域信号出力ユニット)について、DS-0364(4ch 40 kHz 入力ユニット)と DS-0371(1ch 40 kHzユニット用信号出力モジュール)の組み合わせに変更できます(その場合は 40 kHz対応となります)

4ch サーボセット (100 kHz対応)


通常価格 ¥ 2,820,000

セット価格 (税込

<セット内容>

DS-3200 メインユニット
DS-0366 2ch 100 kHz帯域入力ユニット(×2)
DS-0373 1ch 100 kHz帯域信号出力ユニット
DS-0342 サーボ解析機能
USB3.0 ケーブル(2m)

価格

型名 品名 価格(税込)
DS-3200 メインユニット
DS-0366 2ch 100 kHz帯域入力ユニット
DS-0373 1ch 100 kHz帯域信号出力ユニット
DS-0374 加算機能オプション(DS-0373に内蔵)
DS-3202 2ch 40 kHzメインユニット
(2 ch 基本セット:DS-3200 & DS-0362)
DS-3204 4ch 40 kHzメインユニット
(4 ch 基本セット:DS-3200 & DS-0364)
DS-0362 2ch 40 kHz入力ユニット(増設用)
DS-0364 4ch 40 kHz入力ユニット(増設用)
DS-0371 1ch 40 kHzユニット用信号出力モジュール(内蔵)

※100 kHzユニットと40 kHzユニットは混在できません。
※100 kHzユニットは、筐体間接続ができません。
※100 kHzユニットの最大構成は、「DS-3200+(DS-0366×2)+(DS-0373×2)」(入力4ch、出力2ch)です。
※DS-0373は、DS-0366との組合せでのみ追加可能です。
※DS-0374は、DS-0373のみに対応し本体に内蔵します。
※メインユニットを含めてユニット数が5段以上の場合は、大型ACアダプタが別途必要です。
※本体納入後にハードウェアを追加する場合は、追加作業費(1ユニットにつき ¥ 60,000)が必要です。
※40 kHzユニットの構成では、メインユニットを含めてユニット数が5段以上の場合に、ユニット背面にFANを装着します。
100 kHzユニットの構成では、メインユニットを含めてユニット数が4段以上の場合に、ユニット背面にFANを装着します。
※ DS-0342 (サーボ解析)は、必ず信号出力機能が必要です

ONO-LINK3 ケーブル・筐体間接続インターフェース (DS-3100 専用)

型名 品名 価格(税込)
DS-0396 ONO-LINK 3(デスクトップPC用、PCI Express)
DS-0397 ONO-LINK 3(ノートPC用、PC カード)
DS-0398 ONO-LINK 3(ノートPC用、Express カード)
AX-9031 ONO-LINK 3 用 I/F ケーブル(1.5 m)
AX-9032 ONO-LINK 3 用 I/F ケーブル(3 m)
AX-9033 ONO-LINK 3 用 I/F ケーブル(10 m)
AX-9034 ONO-LINK 3 用 I/F ケーブル(20 m)

※ DS-0342(サーボ解析)は、DS-0399 ONO-LINK3(USB)に対応しておりません。ご注意下さい。

ソフトウェア

型名 品名 価格(税込)
DS-0342 サーボ解析機能
DS-0321 FFT 解析機能
DS-0321L FFT 解析機能(オフラインライセンス版)
DS-0350 レコーディング機能
DS-0322 トラッキング解析機能
DS-0323 1/1・1/3 リアルタイムオクターブ解析機能
DS-0323L 1/1・1/3 リアルタイムオクターブ解析機能(オフラインライセンス版)
DS-0324 1/N リアルタイムオクターブ解析機能

※各ソフトウェアは、40 kHzユニット、100 kHzユニット(ハードウェア)の両方で使用可能です。

最終更新日:2017/03/24



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針