DS-0321 FFT解析機能 画面例1

DS-0321 FFT解析機能 画面例2

本ソフトウェアはベーシックな周波数解析用ソフトウェアです。
時間軸の波形を周波数成分毎に分解し、各々の成分の大きさ(レベル)を観察することができます。
振動の共振周波数を観察したり、音の周波数成分を細かく観察するときなどに用います。
・ソフトウェア起動後、直ぐに計測波形が動き出すイラスト(使い易い ソフト画面データ)
・リアルタイム計測画面を見ながら様々な計測条件を変更できる
・必要な設定項目だけをカスタマイズ登録できる
時間の限られた現場計測で、使いやすいソフトウェアです。

特長

■ 計測結果を用途に合わせて、様々な形式で表示が可能

振幅変化、周波数変化の様子が容易に分かります。


三次元アレイ表示(線)

三次元アレイ表示(カラー)

カラーマップ

新機能

FFT-A 解析機能(DS-0321A)モード

● 4筐体接続 & 128 ch 対応 筐体間接続機能2(FRAME LINK2)にて、筐体間接続インタフェースオプション DS-0392A が組み込まれた、最大4台の DS-3200 メインユニットを筐体間接続ボックス DS-0394 と接続し、各筺体をパーソナルコンピュータと接続することで、一時的に計測用の入力チャンネル数を最大 128 ch まで増やすことが可能です。また、パーソナルコンピュータ側の USB 端子が不足する場合には、筐体間接続 USB ハブ DS-0393 にて、複数 DS-3200 メインユニット間の接続が可能です。

DS-0321A FFT-A解析機能

● クロス演算チャンネル登録数を拡張
クロス演算チャンネルの登録数を128ペアから1024ペアに拡張しました。

DS-0321A クロス演算チャンネル登録数を拡張

● UNIT-CH 情報表示を追加
入力 ch に関するダイアログに対して2筐体構成以上の状態で起動したときに 各入力 ch が複数筐体のどの筐体に割当てられているかわかりやすく識別するために UNIT-CH 情報表示を追加しました。

DS-0321A クロス演算チャンネル登録数を拡張

FFT解析の適用例

 アプリケーション
  (1)冷蔵庫、洗濯機、エアコン等の騒音・振動解析
(2)プリンタ、コピー機等の騒音・振動解析
(3)ハードディスクの振動解析
(4)自動車のエンジン振動やキャビンの騒音解析
(5)ベアリングの異常振動解析
(6)ギアの異常振動解析
(7)モータ、タービン、コンプレッサ等の振動解析
(8)工作機械の振動解析
(9)回転むらの測定
(10)インパルス加振による構造物の周波数応答測定
(11)バット、テニスラケット、ゴルフシャフト等の振動特性
(12)自動車のフレーム等の実振動アニメーション
(13)スピーカの周波数特性解析
(14)携帯端末の着信音の騒音解析
(15)液晶画面のちらつき具合の評価

仕様

  FFT解析機能-A (DS-0321A) モード FFT解析機能 (DS-0321) モード
計測チャンネル数 2 ch ~ 128 ch 2 ch ~ 64 ch
筐体間接続機能 FRAME LINK2
2 ~ 4筐体まで接続可能
FRAME LINK
2 筐体まで接続可能
FFTリアルタイムレート 100 kHzレンジ/2 ch 、50 kHzレンジ/4 ch、
40 kHzレンジ/16 ch 、20 kHzレンジ/32 ch、
20 kHzレンジ/64 ch、10 kHzレンジ/128 ch
100 kHzレンジ/2 ch 、50 kHzレンジ/4 ch、
40 kHzレンジ/8 ch 、20 kHzレンジ/16 ch、
10 kHzレンジ/32 ch、5 kHzレンジ/64 ch
クロスチャンネル登録数 1024 ペア 128 ペア
解析周波数レンジ 4 mHz ~ 40 kHz(40 kHz ユニット時)
10 mHz ~ 100 kHz(100 kHz ユニット)
FFTサンプリング点数 *
(スペクトルライン数)
32 ch 64点(25ライン)、128点(50ライン)、256点(100ライン)、512点(200ライン)、1024点(400ライン)、2048点(800ライン)、4096点(1600ライン)、 8192点(3200ライン)、16384点(6400ライン)
窓関数 レクタンギュラ、ハニング、フラットトップ、フォース、指数、ユーザ定義
平均化機能 時間軸加算平均、時間軸指数平均、パワースペクトル加算平均、パワースペクトル指数平均 等
解析関数(時間軸) 時間波形、自己相関関数、相互相関関数、インパルスレスポンス、ケプストラム
解析関数(周波数軸) パワースペクトル、フーリエスペクトル、リフタードスペクトル、クロススペクトル、周波数応答関数(FRF)、コヒーレンス関数、コヒーレントアウトプットパワー
解析関数(時間軸統計処理) 平均値、絶対値平均値、実効値、標準偏差、最大値、最小値、波形率、波高率、歪み度、尖り値
解析画面表示 最高128画面/1ウィンドウ(ウィンドウ内データ重ね描きあり)、最高10ウィンドウ(最大640画面)
カーソル機能 サーチカーソル、ピークカーソル、デルタカーソル
リスト機能 ピーク、高調波(全高調波、歪み率)、任意リスト、全リスト
演算機能 逆フーリエ変換、周波数微積分、ヒルベルト変換、開閉ループ計算、減衰比計算、FRF逆数計算、四則演算機能

* オンライン解析モードでは、有効チャンネル数が16 ch を超える場合 16384点 は選択できません。

動作環境
OS Microsoft® Windows® 10 Pro / Enterprise / Education(64ビット版)
Microsoft® Windows® 7 Ultimate / Professional(32ビット版 / 64ビット版)
推奨スペック CPU: Intel® Core™ i5 以上 メモリ: 4 GB
FFT解析機能(DS-0321A)のFFT-A 解析モードを利用する場合は、
CPU: Intel® Core™ i7 以上 メモリ: 8 GB OS: 64ビット版 です。

価格

型名 品名 価格(税込)
DS-0321A FFT解析機能
DS-0321L FFT解析機能 (オフラインライセンス版)
- DS-0321からDS-0321Aへのバージョンアップ(プロテクトキー引取)

*Microsoft®、Windows® は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他、掲載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。
*DS-0321Aライセンスにて、DS-0321モードも使用可能です。
*DS-0321Lライセンスは、DS-0321モードおよびDA-0321Aモードのオフラインライセンスが使用可能です。

最終更新日:2019/08/19



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針