e-見積り一覧

e-見積り  騒音計関連

アプリケーション見積もりシステムは、お客様のご希望の測定内容が、どのくらいの費用で実現できるかが即座にわかるシステムです。 予算取りなどにご活用下さい。

ご利用上の注意 (Attention)

製品アプリケーション概算見積システムで表示される価格は日本国内での参考用の概算見積価格であり、納入条件などにより実際の見積価格とは異なる場合がありますのでご了承下さい。 ご購入をご検討いただく場合には最寄りの 弊社営業所又は 弊社代理店にご確認下さい。

 

騒音測定

A-1-1: 工場内の騒音測定(作業環境騒音測定)


労働安全衛生法に基づく作業環境の騒音測定を行います。作業する場所の騒音レベルがほぼ均一な場所では、作業場の床面上に 6m 以下の等間隔で引いた縦線と横線との交点(5点以上)の床面 1.2m~1.5m の位置に騒音計を置き 、10分間の 時間平均サウンドレベル(等価騒音レベル Leq)を求めます - A測定。また、音源に近接する場所に於いて作業が行われる場合は、騒音レベルが最も大きくなると思われる時間に、作業が行われる位置に騒音計を置き 、10分間の時間平均サウンドレベル(等価騒音レベル Leq)を求めます - B測定。それぞれの測定された結果にもとづき評価と対策を行います。

A-1-2: 工場現場での騒音測定-1 (近隣地)


LA-1441 積分平均形普通騒音計のマイクロホンと本体(表示部)を切り離し、マイクロホンは、騒音の管理を必要とする民家などとの敷地境界に設置し、本体(表示部)をマイクロホンから離れた作業事務所内に置いて、例えば1時間の時間平均サウンドレベル(等価騒音レベル)Leq を繰り返し測定し、騒音を監視します。

A-1-3: 工場現場での騒音測定-2 (遠隔地)


LA-1441 積分平均形普通騒音計のマイクロホンと本体(表示部)を切り離し、マイクロホンは、騒音の管理を必要とする民家などとの敷地境界に設置し、本体(表示部)をマイクロホンから 200m 離れた作業事務所内に置いて、例えば1時間の時間平均サウンドレベル(等価騒音レベル)Leq を繰り返し測定し、騒音を監視します。

A-1-4: 機械装置運転時の騒音測定- 1(実用測定)


LA-4441 積分平均形精密騒音計を使用して、運転中の機械の騒音を時間平均サウンドレベル(等価騒音レベルLeq)で測定表示します。 測定は JIS Z 8737-1(実用測定)「作業位置及び他の指定位置における機械騒音の放射音圧レベルの測定方法」に準じて実施します。機械装置から 1m 離れた所で、床からの高さ 1.55m の、音が大きいと思われる何カ所の位置及び作業者の耳の位置での騒音レベルを測定します。

A-1-5: 出荷機械装置運転時の騒音測定 - 2(簡易測定)


LA-1441 積分平均形普通騒音計を使用して、運転中の機械の騒音を時間平均サウンドレベル(等価騒音レベルLeq)で測定表示します。 測定は JIS Z 8737-2(簡易測定)「作業位置及び他の指定位置における機械騒音の放射音圧レベルの測定方法」に準じて実施します。機械装置から 1m 離れた所で、床からの高さ 1.55m の、音が大きいと思われる何カ所の位置及び作業者の耳の位置での騒音レベルを測定します。

環境測定

A-2-1: 交通騒音測定(普通騒音計を使用)


騒音規制法に基づき交通騒音を測定します。LA-1441 積分平均形普通騒音計の繰り返し連続測定機能を使用して、例えば1時間の時間平均サウンドレベル(等価騒音レベル) Leq を繰り返し測定し、騒音を監視します。屋外で長時間の定点測定を行うことことが出来ます。

A-2-2: 交通騒音測定(精密騒音計を使用)


騒音規制法に基づき交通騒音を測定します。LA-4441 積分平均形精密騒音計の繰り返し連続測定機能を使用して、例えば1時間の時間平均サウンドレベル(等価騒音レベル) Leq を繰り返し測定し、騒音を監視します。屋外で長時間の定点測定を行うことことが出来ます。
LA-4441 を使用することで、より高精度な測定が可能です。

A-2-3: 教室の騒音測定


LA-1441 積分平均形普通騒音計を使い、5分間の時間平均サウンドレベル(等価騒音レベル Leq)を測定することで、学校環境衛生の維持・改善を図ることができます。

A-2-8: 交通騒音測定(普通騒音計を使用し騒音データと映像データの同期収録)


騒音規制法に基づき交通騒音を測定します。この例では、騒音データに同期させて騒音対象を映像と一緒に収録・再生することで、例えば無人・自動での騒音測定の際に、急激な騒音変化が何に起因しているのか、その原因を視覚的にも確認することが出来ます。

 

騒音分析

A-3-4: 異音の分析と合否判定


OA 機器や家電製品などの製造ラインの最終製品検査で製品の動作音が異常に大きくないかで製品の出荷合否判定を行います 。LA-1441 普通騒音計と LA-0141 コンパレータ出力(オプション)を使用し、騒音レベルによる合否判定を行い、出力します。

A-3-6: 家電製品の異音の FFT 分析と合否判定


家電製品などの製造ラインの最終製品検査で、製品の動作異音を FFT 分析し、分析データのある周波数帯域の動作音レベルから製品の出荷合否判定を行います。
LA-4441 積分平均形精密騒音計の AC 出力信号を CF-4700 FFT コンパレータに入力して FFT 周波数解析します。CF-4700 FFT コンパレータ は、騒音計の 20 Hz~12.5 kHz の信号をリアルタイム FFT 分析し、予め設定された周波数帯域のレベルに対して測定値がオーバーしていると NG 判定を行います。

 

アプリケーション(用途例)EV/HEV アプリケーション

アプリケーション(用途例)EV/HEV アプリケーション
Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針