この製品は販売終了しました。関連代替製品はこちら


製品写真(LV-0148顕微鏡ユニット)

イラスト(対物レンズを付けたセンサ部とディジタルカメラ部)

LV-1700 シリーズレーザドップラ振動計と LV-0150 シリーズ対物レンズを組合せ使用した微小物体振動測定システムです。顕微鏡光学系で直径 Max 1.5 μm 以下まで集光させたレーザ光を対象物の任意部位に照射し、照射部位をモニターしながら、対象物の振動速度を最大 3 MHz(オプション装備で 20 MHz)まで検出することが可能です。
同軸落射照明光学系とディジタルスチルカメラもしくはCCTVカメラを使用し、検出部位を鮮明な画像で観察、静止画・動画による映像記録が可能です。

マイクロマシンをはじめとした小型機械部品、車載用 IC のリードワイヤ等の振動・挙動を非接触にて高精度に測定します。

 

写真(IC のリードワイヤ-1) 写真(IC のリードワイヤ-2)
写真(IC のリードワイヤ-3) 写真(IC のリードワイヤ-4)

特長

  • レーザスポット径を約 1.5 μm まで集光可能

  • カメラを使用して、レーザビームの照射状況を観察しながらの測定及び照射状況を静止画・動画で記録可能

  • レーザドップラ方式のため、高周波域にて 0.01nm の変位が測定可能

  • 標準仕様にて 1 Hz ~ 3 MHz 特殊仕様にて 1 Hz ~ 20 MHz の振動速度測定可能



システム構成

  型名 品名 備考
1 LV-1700 シリーズ レーザドップラ振動計 LV-1710 または LV-1720A
2 LV-0150 シリーズ 対物レンズ 任意の倍率レンズを一本装着(下記仕様参照)
3   顕微鏡本体  
4   照明装置  
5   CCTV カメラ (動画機能付きディジタルスチルカメラに変更可能 ※別途見積)
※LV-0148 顕微鏡ユニットには LV-1700 シリーズレーザドップラ振動計を含みません。

概略仕様

LV-0150 シリーズ対物レンズ
型名 倍率 作動距離(mm) レーザスポットサイズ(μm)
LV-0150 ×5 36.1 6.5
LV-0151 ×10 38.9 3.5
LV-0152 ×20 22.5 2.5
LV-0153 ×50 18.3 2
※低倍率の対物レンズも用意しております。ご相談下さい。

照明装置
照明方式 同軸落射照明
光源 ハイパワー LED スポット照明(1.5 W)照度切替スイッチ付

顕微鏡フォーカスユニット
フォーカス方式 手動(粗動・微動)
上下ストローク 30 mm
粗動ストローク 36 mm/回転
微動ストローク 0.2 mm/回転
微動最小目盛 2 μm/1目盛

CCTV カメラ
撮像素子 1/2 インチ インターライン CCD
画素数 768(H)× 494(V)
ビデオ出力 BNC 出力(AV 出力端子アダプタ付属)NTSC 出力
モニター倍率 約 480 倍(対物レンズ LV-0151(×10)装着時、15 インチモニター)
消費電力 約 8 W

※デジタルスチルカメラに関しては、別途仕様・価格は打ち合わせ下さい。

価格: (税込 ) より (LV-1700 シリーズレーザドップラ振動計を含みません)

 

 

最終更新日:2011/08/22



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針