この製品は販売終了しました。後継製品はこちら。
  ONO SOKKI Co.,LTD

HOME > 製品情報 > 騒音計・音響・振動 > LA-2560/5560/5570
高機能型騒音計 LA-2560/5560/5570
音響計測関連 製品群概要
騒音計とは
外観図ダウンロード (DWG/PDF)
製品カタログ (PDF)
アプリケーション e-見積
音響・振動技術相談
こちらの LAシリーズ は販売を終了しています。
後継機種はこちらを クリック 新GSシリーズ

製品写真(LA-2560、LA-5560、LA-5570騒音計) 販売終了

高機能型騒音計 LA-2500 / 5500 シリーズは、データの収集・分析をより簡単に行うために、専用ソフト無し& ケーブル接続だけでPCへのデータ転送を可能にいたしました。(Windows® 2000,XP) SDカードを使用することで、メモリ容量が増大。騒音計本体をカードリーダーとしてデータを読み出せます。

また、 当社が長年培ってきたデジタル計測技術とリアルタイム信号処理技術を騒音計に応用することで、動特性や周波数補正が 異なる6つの計測条件下でのデータ演算を同時におこなうことが可能になりました 。

リアルタイムオクターブ分析、ラウドネス値演算機能、スペクトルモニター、アドバンストコンパレータ機能、サウンドレコーディングなど豊富なオプションによる高い拡張性、騒音計の対象フィールドを計測から分析に大きく拡げます。

Blue dot 高機能型騒音計のご紹介 アニメーション

    1分15秒 (FLASH 456 KB)

左記MOVIEをご覧頂くには、お使いのブラウザに MacromadiaFlashPlayer が組み込まれている必要があります。お持ちでない方は下記アイコンのサイトにて「FLASH PLAYER」をダウンロードしてください。

Get macromedia FLASH PLAYER

 

特長

  • 驚きの6条件同時計測

    A特性、C特性、平坦特性の3つの 周波数 補正から2つを選び、それぞれ FAST、SLOW、IMPULS の3つの時定数で同時計測をおこなうことが可能です。 データの取り忘れを心配 せずに 、計測を進めることができます。

画面データ(特長-6条件同時計測)

   
  • 大きな画面で見やすく

    表示画面に大きな 2.8 型 液晶画面(320×240ドット)を採用したことで画面情報の視認性が一層向上しました。

画面データ(特長-大画面)

   
  • 携帯電話感覚の操作性

    計測条件の設定は、見やすく直感的なメニュー形式のため、携帯電話感覚で操作できます。 また、計測においてよく使う機能は機体前面のダイレクトキー操作としたことで、より使いやすさがアップしています。

画面データ(特長-簡単・直感的操作性)

   
  • 簡単手軽にデータ処理

    全ての計測結果はSDカードに保存されます。 騒音計本体を USB ケーブルでウインドウズパソコンと接続するか、SDカードをパソコンに接続することでデータの読み取りが可能となります。 どちらの場合も専用ソフトの必要はありません。取り出したデータは表計算ソフトなどで計測データを自由に処理することが できます。
 
イラスト(パソコンへの簡単データ転送)

騒音計 機能・用途・分類一覧 
(ここをクリック)
(2ページ)

(拡大、縮小、ドラッグ、印刷可能
印刷ボタン位置図
※印刷時は上記ボタンをクリック後、 詳細設定を開き
レイアウト、紙の向きを横向きに設定してください。 )

騒音計分類一覧

 

製品仕様

LA-5570 LA-5560
販売終了
LA-2560
販売終了
計量法型式承認番号 第SLF052号 第SLF051号 第SLS051号
適合規格 計量法 精密騒音計 計量法 普通騒音計
JIS C 1505:1988 JIS C 1502:1990
IEC 60651:1979 Type1 IEC 60651:1979 Type2
IEC 60804:2000 Type1 IEC 60804:2000 Type2
ANSI S1.4-1983 &
Amendment S1.4A-1985 Type1
ANSI S1.4-1983 &
Amendment S1.4A-1985 Type2
ANSI S1.43-1997 Type1 ANSI S1.43-1997 Type2
測定範囲(IEC) 19~120 dB(A)
25~120 dB(C)
33~120 dB(F)
25~130 dB(A)
29~130 dB(C)
35~130 dB(F)
25~130 dB(A)
29~130 dB(C)
35~130 dB(F)
測定範囲(JIS) 22~120 dB(A)
28~120 dB(C)
36~120 dB(F)
28~130 dB(A)
32~130 dB(C)
38~130 dB(F)
26~130 dB(A)
30~130 dB(C)
36~130 dB(F)
周波数範囲 20 Hz~12.5 kHz 20 Hz~20.0 kHz ※1 20 Hz~8.0 kHz
マイクロホン MI-1211
1/2インチ
バイアス
MI-1233
1/2インチ
エレクトレット
MI-1431
1/2インチ
エレクトレット
レベルレンジ

10 dB ステップX6段 / ワイドレンジX2段

リニアリティレンジ

ノーマルレンジ:75 dB / ワイドレンジ:100 dB

時間重み

FAST (125 ms), SLOW (1 s), IMPULSE (立上がり35 ms,立下がり 1.5 s)

周波数重み

A,C,FLAT

測定項目 Lp ,TACTMAX,Leq ,LE ,PEAK,MAX,MIN,
L(LHI ,L5 ,L10,L50 ,L90 ,L95 ,LLO ,LAV ,任意のL データ(2つ))
測定時間 任意設定 (HH:MM:SS.S) 0.1 s ~ 199 h 59 m 59.9 s まで 0.1秒刻み
デュアルモード機能 標準装備 (周波数補正2条件×時定数3条件の同時計測)
サンプリング間隔 15.6 μs (Lp,Leq,LE,PEAK,MAX,MIN)
100 ms(LN)
表示器 バックライト付き 2.8型液晶表示器 (320×240ドット)
ディジタル表示 4桁 / 分解能 0.1 dB / 表示周期 1 s
バーインジケータ     標準:表示範囲 60 dB / 分解能 0.2 dB/表示周期 0.1 s
ワイドレンジ:表示範囲 90 dB / 分解能 0.3 dB/表示周期 0.1 s
ローバッテリ表示 電池電圧 4~6 V を8段階表示(ローバッテリでフラッシング)
メモリ機能 OFF,AUTO(6種),MAN,RECORD,SDメモリーカード内に保存
パネルコンディション
メモリー
パワーオフメモリー
時計機能 内蔵(年/月/日/時:分)
バックアップ機能

内蔵時計を約20日間バッテリーバックアップ(電池もしくはACアダプタ
装着時は内部電池に自動充電)

校正信号 内部発信機による電気的校正( 1 kHz正弦波) / ノーマルレンジ:フルスケールの
−6 dB(ワイドレンジ時フルスケールの -16 dB)
AC出力

フルスケール:0.707 Vrms (ノーマルレンジ) / 2.234 Vrms(ワイドレンジ)
負荷抵抗10 kΩ以上
リニアリティレンジ: 80 dB (ノーマルレンジ) / 90 dB(ワイドレンジ)

DC出力 フルスケール:2.5 V
スケールファクタ:0.5 V/ 10 dB(ノーマルレンジ) / 0.25 V / 10 dB(ワイドレンジ)
負荷抵抗10 kΩ以上
RS-232Cインタフェース

標準装備、転送速度:9600,115200 bps

USBインタフェース

標準装備 USB (Ver.1.1) : USBストレージクラス対応

他インタフェース SDカード(1 GBまで) 弊社推奨SDカード使用時
ケーブル延長 105 m
電源 単 3形乾電池×4本 または ACアダプタ
電池寿命(連続使用) 約8時間(アルカリ電池使用時)
使用(保存)温度範囲 -10~50 ºC (-20~60 ºC)
使用(保存)湿度範囲 30~90 %RH (10~90 %RH)
寸法 85(W)×347(H)×50(D) mm 85(W)×279(H)×50(D) mm
質量(乾電池含む) 約 550 g 約 500 g
価格(税込)
()

()

()
出荷時検定料(税込)※2
()

()

()
付属品

ACアダプタ(PB-7090相当品)、信号ケーブル:AX-501、防風スクリーン 、
ハンドストラップ、乾電池、キャリングケース、SDメモリカード、
取扱説明書:基本操作編、RS232C編


イラスト(付属品内容)


※ 1 本体銘板は「使用周波数範囲 20 Hz ~ 12.5 kHz」となっていますが、これは計量法による表記です。
※ 2 当社は原則として、出荷時おこなう検定については自主検査により「基準適合証印」を付してこれに代えています。

出荷後の製品に対する検定は、当社で 点検・調整をおこなった後に(財)日本品質保証機構(JQA)に検定を依頼しています(出荷後の製品検定費用に関してはお問い合せください)。
また、当社では検定無しの製品を標準としているため、検定(基準適合証印)付きの 製品をご希望のお客様及び出荷時から公的機関による検定をご希望のお客様は、 製品発注時にその旨をお申し付 けください。

■オプション

LA-0551/0552 リアルタイムオクターブ分析機能
概要 騒音計本体にリアルタイムオクターブ分析機能を追加することができます。
分析範囲を 20 kHz バンドまで拡大、可聴範囲を全てカバーすることができるようになりました。
データ画面(LA-0551/0552 リアルタイムオクターブ分析機能)
仕様

適合規格:JIS C1514 クラス 1 /IEC 61260 クラス 1
分析バンド:31.5 Hz ~ 16 kHz 10 バンド( 1/1 オクターブ)※
       20 Hz ~ 20 kHz 31 バンド( 1/3 オクターブ)※
演算項目:Leq / LE / LMAX / LMIN / Lp を同時計測

LA-0551 は 1/1 リアルタイムオクターブ分析機能(1/1 オクターブバンドフィルタ機能、NC 値算出機能を含んでいます)。
LA-0552 は 1/3 リアルタイムオクターブ分析機能(1/3 オクターブバンドフィルタ機能、ラウドネス値演算機能*1を含んでいます)

*1 ラウドネス値演算機能は LA-5560/5570 のみ含まれます。
(ラウドネスに関してはこちらの技術資料を参考ください)

※ バーグラフは 20 kHz まで表示しますが、規格に適合する周波数範囲は各騒音計の仕様によります。
※ データを保存する場合、LA-0551 で 1データにつき最大約 2 kB、LA-0552 で 1データにつき最大約 3.3 kB 消費します。

定価  (税込)(1/1オクターブ)  
(税込)(1/3オクターブ)

LA-0553 スペクトルモニタ機能
概要 当社が長年培った信頼のFFT技術を騒音計に初めて搭載しました。 データ画面(LA-0553 スペクトルモニタ機能)
仕様 分析ライン数:400 ライン  
エクスパンド機能:×1 , ×2 , ×4
周波数レンジ:1 kHz / 2 kHz / 5 kHz / 12.5 kHz / 25 kHz
演算項目:瞬時値、パワー平均、
リスト表示機能:上位15ポイント

※ データを保存する場合、1データにつき約 9 kB 消費します。

定価  (税込

LA-0554 サウンドレコーディング機能
概要 音データそのものを保存したいとき、その場で騒音計に録音ができます。
仕様 録音ファイル形式:WAV ファイル形式  
サンプリングレート:64 kHz A/D
分解能:16 bit  本体内の SDメモリカードに収録。※
1ファイルの録音長は最大 15 分です。
1秒あたり約 128 kB消費します。

※ データを録音する前にSDカードのフォーマットが必要になる場合がありますので、ご注意ください。
定価  (税込

LA-0555 コンパレータ機能
概要 入力した音圧レベルに対し、あらかじめコンパレータレベルを設定することができます。
比較の結果は、本体底面の COMP OUT 端子から無接点出力されます。

遅延時間 : 0、1、2、5、10、20、50、100、200、500 ms、1、2、5、10 s のいずれかに設定可
出力ホールド時間 : 0.1、0.2、0.5、1、2、5、10、20、30、60 s、manual のいずれかに設定可

また、LA-0551/0552 オプションが設定されている場合、オクターブバンドコンパレータとして使用することもできます。

定価  (税込

* Windows® 2000、Windows® XP、 Microsoft® は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
* SD Memory Cardは、SD Associationの商標です。

* 推奨SDメモリーカードに関する 最新情報はこちら をご覧ください。

Revised: 2013/03/12


● 記載事項は変更になる場合がございます。
● 価格情報は皆様の便宜のために参考用として記載された日本国内価格です。

ご購入をご検討いただく場合には最寄りの弊社営業所或いは弊社代理店にご確認下さい。

戻る
お客様相談室 0120-38841  9:00-12:00 13:00-18:00 (土日、祝祭日除く) ご質問・お問い合わせ(フィードバックフォーム)