VC-3100 型振動コンパレータの RS232C 経由で CF-HOLD(クレストファクタ)値のデータに

0 があるが何故か

下表のデータ例の様に、RMS値が 0.499 S(単位 S:m/s2)以下のとき、CF-HOLD 値(クレストファクタホールド値)を 0(ゼロ)にしています。これは、RMS 測定値が小さい場合、クレストファクタ演算値の信頼性がなく、表示をしないように処理しているためです。この処理の RMS 値は RANGE 設定との兼ね合いで変わります。 対処として、RANGE 設定を現在より小さくし(感度を上げ)、再度測定することでデータ値を読み取ることが出来ます。

データ読み取り例   (単位S:m/s2
RMS HOLD PEAK HOLD CF HOLD
0.5199S 1.7554S 3.4859
0.68S 1.9801S 3.2835
0.6596S 2.6139S 3.8937
0.4985S 1.9418S 2.9062
0.6553S 2.4975S 3.7968
0.63S 3.02S 5.2
0.3796S 1.675S 0
0.4S 1.5277S 0
0.33S 1.1878S 0
0.36S 1.9393S 0
0.4446S 1.9787S 0
1.65S 14.41S 11.5
1.8273S 6.5282S 3.5968
1.0998S 3.2325S 2.95
0.95S 2.99S 3.1984
1.285S 5.2525S 4.164


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針