この製品は販売終了しました。関連現行製品(VC-3200)はこちら。


製品写真(VC-3100 振動コンパレータ)

振動コンパレータ VC-3100 は、特にベアリングの「振動値による製品の良否判定」や「設備診断による傷、摩耗、グリス切れなどの検出」を可能とする高性能信号処理器です。 振動のピーク値や実効値に加え、クレストファクタ値*注による計測が可能ですので、ベアリングの異常状態を今まで以上により正確かつ確実に測定・判断することが可能です。

各振動レベルは数値表示・バーグラフ表示するとともに、ヘッドホンを使用して振動を音として確認することも出来ます。3バンド(周波数帯域)同時ディジタル信号処理機能をはじめ、各種内蔵処理機能を選択使用することで、従来難しいとされていた「感応検査の定量化」にも大きく貢献します。 さらに、シーケンサなどからのタイミング信号の入力により、必要な振動現象のみを抽出するコンパレータゲート入力機能や判定レベル以上の振動が設定時間を超えて継続した場合に警報信号を出力するコンパレータ遅延時間設定機能を装備し、自動判定・常時監視機器として、生産設備のメンテナンスや様々な製品の良否自動判別等にも幅広くご使用いただけます。

<注> クレストファクタとは:

波形のピーク値と実効値の比(ピーク値/実効値)で定義されています。別名「波高率」と呼ばれています。ピーク値や実効値では、ベアリングの大きさによって振動値も相対的に変化しますが(大きなベアリングは振動の実効値も大きく、異常状態の場合のピーク値もさらに大きくなります)、クレストファクタ値はピーク値と実効値の比を求めているためベアリングの大小に振動値が左右されず、傷等の異常度合いをより正確に判断することが可能となります。計測されたクレストファクタの値が大きいと異常度合いが大きいと判断します。

特長

3バンド(周波数帯域)同時判定
3通りの周波数帯域バンドを設定し、バンド毎に実効値・ピーク値・クレストファクタ値での判定が可能。3通りの現象を同時に計測・判断します。


ディジタル表示機能
振動値をディジタル表示すると共に振動状態もバーグラフで同時表示。従来の針式(メータ表示)振動計としての使用も可能です。


パルス出力を 1 P/R 及び 60 P/R 、さらに入力信号波形整形出力の中から選択可能
オプションにより DC 電源に対応(室内ベンチはもちろん車載用としても使用可能)
上下限警報出力による供試体の保護も可能

概略仕様

入力部

入力チャンネル

1

信号入力

プリアンプ内蔵型加速度ピックアップ又は外部電圧信号切り替え入力

* プリアンプ内蔵型加速度ピックアップ: センサ用電源 (定電流) 2 mA DC 18 V
*外部電圧信号 : 入力電圧 ±5 V
入力インピーダンス 100 kΩ以上
*入力コネクタ : C02 (BNC) コネクタ

センサ感度設定 1.00 × 10-2 ~ 9.99 × 102 mV/(m/s2) ディジタル入力

単位系設定

m/s2 又は EU 選択

入力レンジ

0.1 ~ 50,000 m/s2 (センサ感度により設定範囲は変わります)
(例: センサ感度 5mV/(m/s2) のセンサを用いた場合 2.000 ~ 1000 m/s2

周波数特性

3 Hz ~ 15 kHz ±0.5 dB
1.5 Hz ~ 20 kHz ±3 dB

入力換算ノイズ 

3Hz ~ 20kHz 帯域で 30μVrms 以下

外部コントロール信号入力

機能

キープロテクト・リセット入力・ゲート入力

入力電圧

HI; +4.2 V ~ +5.0 V LOW; 0 ~ +0.8 V

無電圧入力

開放電圧; +5 V
短絡電流; 0.5 mA

分析部

設定バンド数

3 (オプション VC-0262 にて 4 バンド)

バンドフィルタ

HPF(ハイパスフィルタ):THR・50・100・200・300・500・1k・2k・3k・5k・10 kHz
LPF(ローパスフィルタ):THR・50・100・200・300・500・1k・2k・3k・5k・10 kHz
-48 dB/oct バターワース特性 fc にて -3 dB ± 1 dB

アナログフィルタ

LOW cut (ハイパスフィルタ): 3 Hz・10 Hz <fc にて -3 dB ± 1 dB -18 dB/oct>
HI cut (ローパスフィルタ): 1 kHz・10 kHz <fc にて -3 dB ± 1 dB -18 dB/oct>
注)fc: カットオフ周波数

演算部

計測モード

実効値・ピーク値・クレストファクタ値・マックスホールド・ピークホールド・クレストファクタホールド 切替選択
各計測バンド毎に演算表示

・実効値:RMS ;真の実効値
時定数;8 ms・16 ms・32 ms・63 ms・12 5ms・250 ms・500 ms・1 s選択設定可能
・ピーク値:PEAK;時間波形の絶対値のピーク値
・クレストファクタ値:CF;波高率(ピーク値÷実効値)
・マックスホールド:MAX HOLD;実効値の最大値を保持
・ピークホールド:PEAK HOLD;ピーク値の最大値を保持
・クレストファクタホールド:CF HOLD;クレストファクタ値の最大値を保持

出力部
アナログ出力 スルー出力・ AC 出力・ DC 出力同時出力

*出力インピーダンス: 100 Ω 以下
*スルー出力:最大定格出力;±5 V 
<周波数範囲;3 Hz~15 kHz ± 0.5 dB、1.5 Hz~40 kHz ± 3 dB>
*AC 出力(バンド毎切り替え出力):最大定格出力 ; ±5 V 
<周波数範囲 ; 3 Hz~15 kHz ± 0. 5dB、1.5 Hz~20 kHz ±3 dB>
*DC 出力(バンド毎切り替え出力<実効値出力>): 最大定格出力 ; 0-5 V <4−20 mA (出力オプション)>

※オプション機能の 4−20 mA 出力を選択した場合、電圧出力は使用できません。

ヘッドホン出力 バンド毎の A C出力

*出力 : 定格インピーダンス 24Ω に対して 15 mW 以上
*接続コネクタ :φ3.5 ステレオミニプラグ

CAL信号出力 160 Hz 1 V0-p ± 3 % を AC OUT より出力
RS-232C出力 標準装備

*転送速度 : 9600 bps
*コネクタ : HR12-10R-8 SD (ヒロセ電機) 相当丸形コネクタ
*ケーブル : AX-5021(NEC パソコン接続用)、AX-5022 (DOS/V パソコン接続用)

オーバ出力 入力レンジオーバや A/D オーバ時に出力、
オープンコレクタ出力 (負論理)

*電圧:DC 30 V 以下
*シンク電流 : 25 mA以下

コンパレータ出力
機能 各バンド独立判定、バンド毎に実効値判定/ピーク値判定/クレストファクタ値判定 選択可能

コンパレータレベル設定

フルスケールレンジの 1 % 刻みで設定可能

出力

設定値以上、又は以下の時に出力、オープンコレクタ出力 (負両論理出力)

*電圧:DC 30 V 以下
*シンク電流 : 25 mA 以下

作動時間 100 ms 以下

遅延時間設定

 0・0.5・1・1.5・2・3・4・ 5・6・7・8・9・10・15・20 秒選択

表示

ディスプレイ

バックライト付き液晶

*計測値表示 : 4桁ディジタル表示
*表示間隔 : 0.5秒
*バーグラフ表示
*コンパレータレベル表示

OVER インジケータ

入力オーバ又は A/D オーバ時赤色点灯

NG インジケータ コンパレータ NG 出力時赤色点灯
コンパレータ ON/OFF 表示 コンパレータ機能動作時緑色点灯

その他

コンディションバックアップ

電源 OFF でも設定値を保護

コンディションメモリー 5 種類のコンディションの設定値を記憶可能
データメモリー 各コンディション毎 500 データまで記憶可能

端子台

M3.5 フリー端子ビス

一般仕様と価格

電源

DC 22 ~  26 V

消費電流 250 mA 以下 at 25 ℃
使用温度範囲 0~+5 ℃
保存温度範囲 −5~+55 ℃

使用湿度範囲

85 % RH 以下 (結露無きこと)

外形寸法

DIN 96 × 96 × 112 mm

材質

94V2 PBT(ポリブチレンテレフタレート)

質量

約 500 g

価格

(税込
オプション ・VC-0261 積分ソフト( (税込 ))
・VC-0262 1バンド追加( (税込 ))
・VC-0263 4-20 mA 出力( (税込 ))
<アナログ出力(DC 出力)を電流出力に変更>
・VC-0131 低周波帯域フィルタ( (税込 ))
・VC-0132 中間周波数帯域フィルタ( (税込 ))
・VC-0133 高周波帯域フィルタ( (税込 ))
*上記オプションを本体納入後に取り付ける場合、 それぞれ取付費が別途必要です。 詳しくはお問い合せください。

電源ボックス付き振動コンパレータ
VC-8310A

写真はVC-8310A

VC-8310A は VC-3100 を専用の電源ボックスに組み込み、据え置きタイプの振動コンパレータにしました。持ち運びが容易で、AC電源の使用が可能です。また、アナログ信号出力コネクタをC02(BNC)コネクタとしていますので、各種解析機器との接続が容易に行えます。

 

■ 持ち運びに便利なボックス収納タイプ。
■ AC電源をお使いいただけます。
■ アナログ信号出力コネクタにC02(BNC)コネクタを採用。
■ リレー出力付き。
■ 電源ON/OFFスイッチ付き。

 

仕様

一般仕様  
電 源 AC 100 ~ 240 V (AC 100 V 専用電源ケーブル付属) 50 / 60 Hz
外形寸法 226(W) X 117(H) X 220(D) mm (突起部は除く)
保存温度範囲 -5 ~ +50 ℃
質量 約 3 kg
消費電力 30 VA 以下
使用温度範囲 0 ~ + 40 ℃
使用湿度範囲 85 %RH 以下(結露の無いこと)
入力部  

信号入力

SIG IN C02(BNC)コネクタ
外部コントロール入力 キープロテクト、リセット入力、ゲート入力(背面パネル端子台)
出力部  
信号出力 スルー出力、AC出力、DC出力、C02(BNC)コネクタ
リレー出力 コンパレート出力 A、B、Cバンド
(背面パネル端子台、接点定格:AC 220 V 5 A(MAX))
※リレー動作 (A、B、Cバンドとも)
価格 (税込 )
オプション VC-0082 VC電源ボックス用 RS-232Cコネクタ
価格 (税込 )

最終更新日:2011/08/22



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針