設定の手順概要

初めて使う場合の設定手順を説明します。

前パネルの機能ボタンから呼び出す方法もありますが、メニューから設定する手順を説明します。

 

● 設定手順の大筋

 

  • 機器の準備
    背面端子部へ加速度センサ及び各種信号線を接続します。VC-2100 には電源スイッチがありません。電源を配線すると同時に電源が投入されますのでご注意下さい。


  • センサ感度の設定
    加速度センサーに付属の検査表よりセンサ感度 例えば 5.00mV/ms^-2 を設定します。


  • 入力レンジの設定
    測定モードを PEAK または PEAK HOLD に設定し、バーインジケータが OVER しない、50 〜 60 % 程度に触れる範囲で設定します。


  • 周波数帯域の設定
    必要な信号が検出できるようにバンドパス(周波数帯域)の周波数を設定します。


  • 振動を測定する
    振動値を読み取りやすくするために、計測モードを設定します。


  • コンパレータレベルの設定
    測定した振動値を基に適切な判定レベルを設定します。


  • 判定を実行する

  • 詳細はPDF簡易操作手順書をご参照ください



    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針