VC-2100の概要と特長

■ 概要

VC-2100 は機械の異常検出を振動信号で判断する振動コンパレータです。加速度ピックアップからの出力信号を入力することにより、振動値によるレベル判定機能や、振動のレベル確認などの判断を、イヤホーンで聞いたり、FFT 分析用に AC 電圧出力、記録用に DC 電圧出力を有する高性能信号処理器になっております。

振動周波数帯域を 2 バンド(周波数帯域)同時ディジタル処理機能をはじめ、各機能を選択および使用することで、外部の環境条件に影響を受けない高精度な処理が可能になります。

また、専用の NP-3331 加速度ピックアップや当社製センサ群( NP-3000 シリーズ)と組み合わせることにより、より高精度な測定が可能になります。


■ 特長

● 2 バンド同時判定

2 種類のバンド(周波数帯域)を設定することにより、バンドごとに実効値またはピーク値での判定が可能。

● ディジタル表示機能

振動値をディジタル表示すると共に、振動状態もバーグラフで同時表示。

● アナログ出力

AC 信号/ DC 信号が同時出力(FFTアナライザ等の解析装置や記録器との接続にも使用可能です)。

● ゲート入力可能

シーケンサーなど外部制御機器と接続し、ライン上での製品良否判定など自動判定を行うときに使用。

● ヘッドホン接続可能

市販のヘッドホンを接続することにより振動音を確認可能。さらに、設定バンドごとに出力するため現象ごとの確認も可能。

● コンパレータ作動遅延時間設定

判定レベル以上の振動が設定時間以上持続した場合にコンパレータ出力(例えば、作業者が誤ってセンサに工具をぶつけてしまったケースなどの人的ミスはキャンセルできます)。

● 制御盤への組み込みを考えた DIN 96 mm × 96 mm のコンパクトサイズ

 

■ VC-2100に接続可能な機器概要(詳細はお問合わせ下さい)

こちらのPDFファイルを参照下さい


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針