ロータリエンコーダの1相信号(電圧出力)を
2つに分岐することは可能か

ロータリエンコーダの1相電圧信号を2つに分岐するには次の方法があります。

出力信号の電圧レベルは負荷抵抗により変わりますので受信側の入力抵抗に注意下さい。また、ノイズがのりやすくなりますので注意下さい。

 

イラスト(ロータリエンコーダ信号分岐)

* PA-330Z の入力抵抗を1kΩに改造することが可能です(オプション 有料)。

<注意>

  • 適用ロータリエンコーダは、RP-110, 120, 130, 132D, 1130D, 1330D, 210, 310, 320, 3130D, 3330D,  410d, 510, 5320d, 5610D の各シリーズ及び RP-7112 ローラエンコーダです。


  • ロータリエンコーダの電源はDC12VまたはACです。


  • ロータリエンコーダの出力方式はトーテムポールです。


  • 上記2の場合、PA-330Zにより入出力信号がアイソレートされます。



  • お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針