TEDS とは何ですか?

TEDSTransducer Electronic Data Sheet)とは、計測用センサに組み込まれたセンサ固有の情報を記述するフォーマットの総称で、IEEE1451 シリーズで規定されています。

TEDS 情報を組み込んだ TEDS センサを TEDS 対応の計測器(例:DS-2104A)や計測アンプ(例:AUシリーズ)などに直接接続することにより情報が自動的に読み込まれ、面倒な校正作業は不要となり、計測準備時間の短縮や確実な計測が可能となります。このような TEDS センサをスマートセンサプラグアンドプレイセンサなどと呼びます。


IEEE1451 シリーズの中で IEEE1451.4 規格は、アナログ信号出力を持つセンサを対象とした規格(MMI: Mixed Mode Interface)で、2線式の CCLD インターフェイスを利用しています。

 

書き込まれる TEDS 情報としては;

 

基本情報 メーカ識別ID、型名、シリアル番号、バージョン番号
拡張情報 校正データ(感度、周波数特性、製造年月日、・・)
ユーザエリア 設置位置情報、校正年月日、サービス履歴・・

 

などを書き込むことができます。

 

また、既存の CCLD 対応の加速度センサに TEDS アダプタ(例:TEDSアダプタ:NP-0081N10)を追加することにより、TEDS機能付きセンサとして使うことも可能です。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針