エイリアシング(折り返し)とは何ですか?

入力アナログ信号の周波数帯域と比較してサンプリング周波数はなるべく高くした方が良いと言うことは直感的に理解できますが、ハードウェア資源の関係上あまり高くできません。どれくらいのサンプリング周波数が適当かの指標として、サンプリング定理(入力信号に含まれる最高の周波数を fm(Hz)とすると、正確にその周波数帯域を分析するためには 2 fm (Hz)以上の周波数でサンプルしなければならない)があります。これに違反して、サンプリング周波数を 2 fm (Hz)より低い周波数でサンプルすると、分析したスペクトルに誤差が生じる場合があります。この誤差をエイリアシング(折り返し)と呼びます。




お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針