この製品は販売終了しました。後継製品(TQ-5300)はこちら



tq5200

TQ-5200 ハイレスポンストルクコンバータ

 

TQ-5200 演算表示器は、フランジ型高剛性検出器と組み合わせて使用することにより、検出器のパルス出力をディジタルトルク値、アナログ電圧出力に変換することができます。アナログ出力は、パルスの1周期毎に変換する周期演算方式を採用していますので、高速応答が可能です。システムアップ時に便利なリモートI/O 機能、通信機能、インターロック機能を標準装備しています。

 

 

特長

・TQ-5200 ハイレスポンストルクコンバータ

幅 210 mm、高さ 44 mm、奥行き 200 mm の小型サイズ
蛍光表示管の採用により、計測値・設定メニューが見易い
アナログ電圧出力がアイソレーションされているので、制御系、記録器、データ処理装置への接続が容易
外部機器用インターフェイスとしてRS-232C、リモートI/O を標準装備しているのでシステムアップが容易
インターロックは、1周期毎に判定可能な高速コンパレータで、任意設定が可能な 2チャンネルと定格の110 % で発生するチャンネルの合計3チャンネルを装備
高精度仕様およびマルチレンジ仕様に対応し「ファクタ高分解能機能」をオプション(TQ-0251)にてラインナップ


・高精度仕様 : ファクタが小数点以下1桁まで設定可能になり高精度での計測が可能
・マルチレンジ仕様* : 1台のトルク検出器で異なるトルク容量の計測が可能

* マルチレンジ仕様を使用する場合は、使用するトルクレンジにより条件がありますので、受注前の打合せが必要となります。


仕様

 

TQ-5200 ハイレスポンストルクコンバータ(演算表示機) 仕様
入力部 トルク

入力周波数範囲

1 kHz ~ 25 kHz

入力信号

ラインドライバ入力
当社 TQシリーズ検出器信号
回転速度

入力周波数範囲

1 Hz ~ 100 kHz

入力信号

当社 MP-981、MP-9820 検出器信号

信号振幅範囲

Highレベル +4~+30 V
Low レベル 0.6 V 以下
パルス幅  2 μs 以上
表示部

表示器

蛍光表示管

表示項目

トルク、またはトルク、回転速度

表示桁数

極性 + 5 桁

表示更新時間

1 s (平均値)

表示単位

N・m、kN・m

トルク表示精度

± 0.01 %/F.S.

回転速度表示精度

± 1 r/min
演算部

変換方式

周期変換方式

変換時間

1 周期 + 5 μs
+トルク定格時 1 周期 15 kHz = 67 μs
-トルク定格時 1 周期 5 kHz = 200 μs

回転検出歯車数 P/R

60、120、180、240、360、720

回転速度補正 (N-0)

CW、CCW 各10ポイント
アナログ出力部

出力項目

トルク

出力信号

0 ~ ±10 V/±設定値
設定値はフルスケールの 10 % ~ 100 % で 1 % ごとに指定可能

出力応答時間

演算部変換時間に同じ

移動平均

OFF、2~32

ローパスフィルタ

OFF、 1 kHz、500 Hz、100 Hz、10 Hz、1 Hz
4次バターワース型

適正負荷

100 kΩ 以上
測定精度 検出器組合せ時
± 0.1 %/フルスケール

温度ドリフト

±0.01 %/フルスケール/℃(TQ-5200単体)

校正用出力

ゼロ、フル

適合コネクタ

C02 形(BNC)プラグ
コンパレータ機能

設定項目

トルク

チャンネル数

3 ch

設定内容

任意設定 2 ch、110 % 固定 1 ch
絶対値設定可能

出力更新

演算部変換時間ごと

出力形式

無電圧接点出力

適合コネクタ

RO3-PB8M(タジミ) リモートコネクタと共用
パルス出力部

出力項目

トルク、回転

出力形式

TTL

パルス幅

検出器入力信号に同じ

適合コネクタ

C02 形(BNC)プラグ
リモート機能

入力信号

CW/CCW 切替、トルクゼロ補正値取得開始
無電圧接点またはTTLレベル(負論理)

出力信号

計測準備完了信号、インターロック
無電圧接点出力

適合コネクタ

R03-PB8M(タジミ)
RS−232C

ボーレート

9600 bps

通信データ

設定、状態、表示値の読み出し、設定変更

通信操作

オートゼロ

適合ケーブル

AX-5022A (当社製 2 m )
一般仕様

電源電圧

DC 18 ~ 30 V

消費電力

約 20 VA

使用温度範囲

0 ~ 50 ℃

保存温度範囲

- 5 ~ 55 ℃

外形寸法

210 (W) × 44 (H) × 200 (D)mm

質量

約 1 kg

付属品

電源供給用コネクタ、リモート用コネクタ、
取扱説明書
オプション
TQ-0521
ファクタ高分解能機能
ファクタの分解能アップ 有効桁数拡大:小数点以下1桁を入力可能
ファクタ入力設定範囲の変更 現状 2000~8000 → 200~10000(4~200 %レンジ)に拡大
RS-232C でファクタの通信コマンドを新規追加 現在使用しているお客様に影響が出ないように従来のコマンドは残し、小数点以下1桁用の新規コマンドを用意。

 

 

 最終更新日:2019/10/01



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針