VE シリーズ ギャップディテクタで軸ブレを測りたいが、当然測定面は曲がっています。測定精度への影響はどのくらい?

VE シリーズ ギャップディテクタは、平面にて校正を行っていますので、軸の側面など、曲面を計測する場合には誤差が生じます。

例えば、計測値が 1200 μm の位置を初期位置として軸を回転させた時、 400 μm の振れが計測された場合には、振れ幅として、直径 20 mm の軸では 0.8 %/FS の誤差が、 直径 100 mm の軸では 0.2 %/FS の誤差が含まれます。 しかし、変位誤差はほぼ直線的に変化しているので、計測後にある程度補正することも可能です。

 

 

VE-1520 センサを使用した時の誤差の例
(測定範囲:150〜1500μm)



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針