DDシリーズトルク検出器付属モーターの回転方向
切替のための電源配線方法は

DDシリーズトルク検出器付属モータの3相200V電源の2つの相を切換えることで、回転方向を変更します。下記結線方法をご参考ください。

■結線方法

 

■付属モータ仕様

型名 電源 極数 消費電力(VA)
DD-503、104、204 AC200V 3相4極 25
DD-504
DD-505、106、206 50
DD-1506B、1107B、1207B
DD-507 140
DD-108

 

<注意>

  • 付属モータとベルトの回転方向は、トルク検出器の軸の回転方向と逆に回るようにしてください。

  • 切換え回路の接点容量や使用するケーブルの線材は、付属モータのラッシュ電流を考慮し、モータ定格の5倍以上としてください。

 

■コネクタピン配列

※AC220Vはオプション

 

付属モータの目視でのの回転方向の確認は、付属モータカバーをはずし、付属モータにかかっているベルトの回る方向で確認します。

ベルトの回転方向(「駆動側」シールから見て):

  • 軸回転がCW(時計方向)の時、ベルトはCCW ・・・「駆動CW」

  • 軸回転がCCW(反時計方向)の時、ベルトはCW・・・「駆動CCW」

と回転するように電源回路を切換えてください。 また検出器用電源ケーブルは付属のケーブル(5m)を利用ください。

「駆動側」シールから見てベルトの回転方向を判断するようご注意ください。

禁止:カバーをはずした場合は、ベルトに触わり巻き込まれないようご注意ください。

なお、カバーをはずさないでベルトの回転方向を判断する方法は 「トルク検出器付属モーターの回転方向の確認方法は」を参考ください。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針