内蔵電池の充電機能

騒音計にはメモリーバックアップや時計用に充電式リチウム電池が内蔵されおり、満充電から約1.5ヵ月間メモリーにストアされたデータを保持し、時計を動作させることができます。

  • 内蔵電池は、騒音計の電源をONすると乾電池またはACアダプタから自動的に充電されます。このとき、電源ONから約24時間で満充電されます。

  • 購入された直後は、内蔵電池が放電し切っていたり、最小限度でしか充電されていないことがあります。満充電した後使用されることをお薦めします。

  • 内蔵電池は、約1000回の満充電から完全放電の繰り返しに耐えうるよう設計されています。ただし、万一の場合に備え、大切なデータはプリントアウトするか、またはパーソナルコンピュータ等にデータを転送しておくことをお薦めします。


【注意】

  • 内蔵乾電池を含め、騒音計の欠陥により生じた結果の影響については、欠陥のないものと交換することをもって保証の限度とさせていただきます。内蔵電池の欠損によるデータの喪失などについても、当社は一切の責任を負いません。ご了承ください。

  • 保管中にバックアップ電池が消耗していた場合、メモリーデータとカレンダー表示が異常となります。この場合は、それぞれメモリークリアおよびカレンダーの再設定を行って状態を復帰してください。

  •  



    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針