マニュアルメモリの操作

■マニュアルメモリの操作

ここでは、マニュアルメモリ機能のストア、リコール、データのクリア手順について記載しています。

 

  • マニュアルメモリへのデータのストア

  • マニュアルメモリへのデータのストア手順は、次のとおりです。

     

    ■現在表示されているアドレスにストアする場合

     

    1. 測定を完了する。
      詳細については、前述『第4章測定データ』をご覧ください。


    2. ストアを実行する
      パネルスイッチ[STORE]を押すと右上に表示されているアドレス上にデータがストアされる。
      ストアされると自動的に次のアドレスになります。

     


    ■アドレス番号を設定してストアする場合

     

    1. 測定を完了する。
      詳細については、前述『第4章データの測定』をご覧ください。


    2. ストアするアドレス番号を設定する。
      パネルスイッチのモードをセカンダリーに切り替えた後、パネルスイッチ[Memory(▲・▼)]を押しアドレス番号(M0001~)を切り替える。
      既にデータがストアされているアドレス番号には、データのストア済みマークが表示されています。


    3. ストアを実行する。
      パネルスイッチ[STORE]を押すと、操作②で切り替えたアドレス上に測定データがストアされる。
      LA-1240/1250/1350では、Leq/LE/Lxがメモリにストアされます。LA-4350では、Leq/LE/Lpk/Lxがメモリにストアされます。ストア中はストアマークが表示されます。


    P81.bmp (178080 バイト)

     

    【注意】

    既にデータがストアされているアドレス上に新たにデータをストアすると、既存のデータ上に新しいデータを上書きします。ご注意ください。

     

  • マニュアルメモリデータのリコール

  • マニュアルメモリにストアされてるデータのリコール手順は、次のとおりです。

    1. データのストアを完了する。
      詳細については、本章前述『2.1 マニュアルメモリへのデータストア』をご覧ください。


    2. リコールするアドレス番号を設定する。
      パネルスイッチのモードをセカンダリーに切り替えた後、パネルスイッチ[Memory(▲・▼)]を押しアドレス番号(M0001~)を切り替える。
      既にデータがストアされているアドレス番号には、データのストア済みマークが表示されています。

    3. リコールを実行する。
      パネルスイッチのモードをセカンダリーに切り替えた状態で、パネルスイッチ[Recall]を押す。指定したアドレスにストアされているデータがリコールされます。リコールしたデータには、リコールマークが表示されます。

    P82.bmp (170080 バイト)

     

    1. 測定項目を切り替える。
      パネルスイッチのモードをプライマリーモードに切り替えた後、パネルスイッチ [Lp Leq..(Lx)]を押すたびに、リコールしたデータの測定項目が切り替わる。


     

  • マニュアルメモリデータのクリア

  • マニュアルメモリにストアされているデータは、パネルスイッチ[PRINT(MM CLEAR)]を押しながら電源をONすることにより、全てのデータを一括してクリア(削除)することができます。

     

    【注意】

    • ストアされているデータは、個々のアドレス単位ではクリアできません。全て一括してクリアされます。

    • ストアデータをクリアする前に、必要なデータはプリントアウトするか、他の手段により保存しておいてください。

    P83-2.bmp (230080 バイト)


    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針