どのような種類の時間窓関数があるのか、またその使い分けは?

リーケッジ誤差を低減する現実的な方法は、切り取る時間窓の始まりと終わりを滑らかに 0(ゼロ) にするような重み付けをすることです。このような重み関数を時間窓関数(time window function)と呼びます。FFTアナライザで一番よく使われる窓関数は、ハニング窓(Hanning window)です。
表1 に代表的な窓関数とその用途をまとめました。

表1 FFTアナライザに使用される代表的な時間窓

種類 等価ノイズ帯域幅 レベル確度 主な用途
レクタングラ(矩形) Δf -3.9 dB 過渡信号
ハニング 1.5 Δf -1.42 dB 一般用、連続信号
フラットトップ 3.6714 Δf ±0.1 dB 周期信号

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針