繰り返し発生する信号を複数回平均した結果で判定したい

1. 単発現象の取り込みなので、トリガ機能のリピートトリガを使います。

(参考)まれに発生する現象を捉えて解析する方法
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/faq/cf4500/cf4500_1.htm

2. 平均機能を ON、平均回数を設定して、平均処理での判定機能を使います。

3. コンパレートのスタートクリア機能を ON にして、平均スタートするたびに、判定結果をクリアさせます。

4. 複数回トリガがかかって、平均終了したことの確認は、OUTPUT RELAY に ANALYSIS DONE を指定して、検出します。

5. 判定結果を読むタイミングは、JUDGE OUT を使います。

 

設定:


MAIN-ANALYSIS-AVERAGE-SET で NUM(平均回数)を設定。

MAIN-COMPARE-COMP  COND-START CLEAR を ON。

MAIN-COMPARE-OUTPUT RELAY-BUSY OUT を JUDGE にする。

INPUT RELAY には、 AVERAGE STARTを登録 ”AST”
パネルSW の TRIGを ONにする。

(予め、トリガレベル・トリガポジションは設定しておきます。)

 

流れ:

流れ


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針