まれに発生する現象を捉えて解析する方法
(単発現象発生時のピーク周波数を捉える)

偶発的に発生する単発現象を捉えて解析することが出来ます。

 

■操作手順

  • トリガモードを「REPEAT]に設定します。CF-4500画面下部のソフトウェアキーで[MAIN] →[INPUT] →[TRIGGER] →[MODE]の順にクリックし、[REPEAT]を選択します。

  • トリガレベルを単発現象の波形の大きさに合わせて設定します。ソフトウェアキーで[MAIN] →[INPUT] →[TRIGGER] →[TRIGGER VIEW]の順にクリックし、電圧レンジのフルスケールに対する%でトリガレベルを設定します。

  • 平均回数を1回に設定します。ソフトウェアキーで[MAIN] →[ANALYSIS] →[AVERAGE] →[SET]→[NUM]の順にクリックし、平均回数として「1」を設定します。「AVG START」キーが点灯していない状態で設定が可能です。点灯している場合は、「AVG START」キーを押して消灯してください

  • CF-4500裏パネルの「STATUS OUTPUT」の1に 測定中のデータが出力されるように設定します。ソフトウェアキーで[MAIN] →[COMPARE] →[OUTPUT RELAY] →[JUDGE OUT]→[OUT 1]の順にクリックし、[ANALYSIS DONE]をONにします。

  • CF-4500表パネルの「TRIG」キーをONにし、「AVE START」キーをONにするとトリガー待ちの状態となります。この時、CF-4500裏パネルの「STATUS OUTPUT 1」はショート状態です。トリガーが掛かって、データを取り込むと「STATUS OUTPUT 1」はオープン状態となります。

  • RS232Cの計測開始コマンドは「CST」又は「AST」です(「AVG START」キーがONのときに「CST」コマンドを送ると、そのまま、平均スタートになります)。X軸値の読みだしコマンドは「LXS」です。


  • お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室

    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針