小型密度計と容積式流量計を組合せレンジアビリティのよい質量流量計測を実現

小型密度計FD-5110はディジタル流量計FM-3100と接続してリアルタイムに温度・密度データを計測できます。
エンジン評価を詳細に行うためのエネルギ効率評価には質量流量計測が不可欠です。
エンジン試験の現場では、密度値は燃料種類や燃料温度変化や給油などによって変化します。
レンジアビリティの広いFPシリーズで計測した体積流量と、密度計のリアルタイムに変化する密度値と温度データで、質量流量を精度よく計測することができます。


特長

1.低圧力損失、低流量域の精度アップを実現

 

容積式流量検出器 FPシリーズと組合わせた状態で、圧力損失20kPa以下(60 L/h 時)を実現。
流路への圧力変動を最小に抑えた状態で検出器を設置可能。 FZ-2200Aと比べて低流量域の精度向上しているため、始動試験等に最適です。


連続質量流量計 FZ-2200Aとの精度比較


2. 密度と質量流量計測を実現

 

従来品と比較して50%以上の省スペース化を実現。 狭い空間でも質量流量計測を実施できます。


エンジン近傍に設置しやすくなりました。

事例:エンジン始動時の瞬時質量流量計測(PDF)



3. 各種容積式流量検出器に接続可能

 

低流量~大流量、サーボタイプ、防爆、車載型まで各種FPシリーズ検出器と組み合わせてFM-3100で質量流量計測を実現。
ご購入済の FP-5000シリーズ に検出器に FD-5110 を追加する場合、お引き取りにて取付作業を承ります。(作業費用は別途見積)



4. モード試験や性能試験での質量換算の煩雑さを解消

 

エンジンの研究開発では仕向地により燃料を変えて試験をします。燃料により燃料密度は異なります。また、燃料を変えない場合も新たに燃料を給油する際に燃料密度は変化しています。 質量流量換算をする時に、密度計はリアルタイムに密度値の変化を出力できるため、事前に演算部に密度値を入力するプロセスを省略できます。





システム構成図

容積式流量検出器 FP-5000シリーズと組み合わせた場合



仕様

計測項目   密度・温度
使用可能液体   ガソリン、軽油、灯油、石油系一般油圧油、A重油、エンジンオイル、メタノール、エタノール、アルコールとガソリンの混合液、ブレーキオイル
計測範囲   0.5000~2.0000 g/cm 3
分解能   0.0001 g/cm3
精度 密度
温度 
±0.0010 g/cm3(軽油、クレンゾルHS、 20 ℃において)
±0.1 ℃
使用温度範囲   +10~+65 ℃(液体温度)
-10~+50 ℃(雰囲気温度)
寸法   60 × 60 × 176 mm
質量   約1.5 kg
電源   DC5 V 60 mA(FM-3100より供給)
適合規格   EMC 指令 2014/30/EU 規格 EN61326-1 ClassA Group1
RoHS指令 2011/65/EU 規格 EN50581
入口/出口ポート   Rc 3/8
付属品   取扱説明書
ケーブル   オプション対応 FD-0011(5 m)、FD-0012(10 m)、FD-0013(15 m)
適合流量計   ディジタル流量計 FM-3100 / FM-0311

 

 

オプション

型名 名称 備考
EH-0711 取付金具 FD-5110用取付金具
FD-0011 密度信号ケーブル 5 m FM-3100(FM-0311)との接続ケーブル
FD-0012 密度信号ケーブル 10 m FM-3100(FM-0311)との接続ケーブル
FD-0013 密度信号ケーブル 15 m FM-3100(FM-0311)との接続ケーブル

 

 

最終更新日:2021/08/05