インパルスハンマ
GK-4110G20 (大型タイプ)

GK-2110 (超小型タイプ)

 

製品写真(GK-4110G10/GK-2110 インパルスハンマ)

インパルスハンマは、構造物の固有振動数測定やモーダル解析を行うための力センサを内蔵した加振ハンマです。

GK-2110 は質量4.8 gの超小型タイプで、小型・軽量部品の加振器として、また GK-4110G20 は質量1.1 kgの大型タイプで、自動車のホワイトボディーや大型構造体の加振器としてお使いいただけます。

測定対象物に加速度ピックアップを取り付け、インパルスハンマで打撃することにより、インパルスハンマの加振力信号と加速度ピックアップからの応答加速度信号との2つの信号からFFTアナライザにより周波数応答関数測定(固有振動数測定)が可能となります。また、得られた周波数応答関数を モード解析ソフトに読み込むことで、対象物のモード解析を行うことも可能です。

特長

  • GK-2110 は軽量な 4.8 g ハンマ質量により、HDD 等の小型ケース、コンプレッサ等の細径パイプの鳴き解析および対策の為の加振が可能

  • GK-4110G20 は 1.1 kg のハンマ質量により、工作精度を左右する機械の架台の振動解析、 自動車ホワイトボディーのモード解析用加振が可能

  • CCLD 方式のプリアンプ内蔵により、解析器にダイレクト接続が可能。 (GK-4110G10 は TEDS にも対応 )

  • 測定対象に合わせて、インパクトチップを交換して使用可能


システム構成

イラスト(インパルスハンマシステム構成)

概略仕様

  GK-4110G20 GK-2110
周波数範囲
(ハードチップ使用時)
~ 1 kHz ~ 20 kHz
測定範囲 22,000 N 220 N
感度 0.23 mV/N 22.5 mV/N
共振周波数 12 kHz 以上 100 kHz 以上
ハンマ質量 1,100 g 4.8 g(プラスチック柄時)
ヘッド直径 51 mm 6.3 mm
チップ直径 51 mm 2.5 mm
ハンマ長さ 370 mm 107 mm
出力コネクタ BNC(CO2) アルミ柄(5-44 同軸コネクタ)
プラスチック柄(ケーブル直出し、ミニチュア 10-32 コネクタ)
出力信号 CCLD 対応電圧出力
TEDS(Ver. 1.0)対応
CCLD 対応電圧出力
出力インピーダンス 100 Ω 以下 100 Ω 以下
CCLD電源 2 ~ 20 mA、+18 ~ +30 VDC 2 ~ 20 mA、+18 ~ +30 VDC
キット構成
  • 収納ケース
  • インパクトチップ(スーパーソフト、ソフト、ミディアム、ハード)
  • データシート
  • 収納ケース
  • エクステンダ
  • インパクトチップ(ビニール)
  • 5-44=10-32 ケーブル(3 m)
  • 柄(アルミ、プラスチック)
  • データシート

 

価格 (税込 (税込

 

最終更新日:2016/12/16



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針