この製品は販売終了しました。関連現行製品はありません


製品写真(AU-2200マイクロホンアンプユニット)

音響・振動センサ等からの微小信号を効率よく増幅・フィルタリング処理するフロントエンド計測プラットフォームとしての AU シリーズ ---- そのファミリーとしての AU-2200 マイクロホンアンプユニットは、バイアス型・バックエレクトレット型の両マイクロホン方式に対応、ローノイズアンプを搭載し、周波数補正フィルター(A、C、FLAT)を掛けることもできます。 使用周波数範囲は 1 Hz ~ 100 kHz、可聴範囲を超え超音波領域までカバーしているので、マイクロホンの種類を気にすることなく使用することが出来ます。

 

ユニットは、お客様の多様な計測用途に合わせ、単体で或いは複数ユニットを自由に組み合わせ、単チャンネルから多チャンネルまで、フレキシビリティに富んだ計測システムを構築することができます。

特長

自動的に正規化された出力が得られます
AU-2200 は、高性能アンプを搭載したマイクロホン用アンプユニットです。感度自動演算機能を持ち、常に正規化された出力を得ることができます。


周波数補正特性(A、 C、 Z)に対応

USBインタフェース採用で、PCからコントロール可能

こちら から、コントロール用ドライバプログラム(フリー)をダウンロードしてください(要ユーザ登録)

 

AU-2200 は、高性能アンプを搭載したマイクロホン用アンプユニットです。感度自動演算機能を持ち、常に正規化された出力を得ることができます。 本器のほとんどの操作をPCからコントロールすることが出来ます。製品毎の測定条件に合わせ、設定を遠隔操作で変更できます。また、市販のUSBハブを使うことで、複数のユニットをコントロールすることも可能です。


連結型フレーム採用
単体使用だけでなく、連結して多チャンネルユニットとしても使用可能です。 音響パワー計測など一度に多数のマイクロホンを使用する場合に有効です。 (標準 AC アダプタ1つで7台の AU-2200 が駆動できます)

イラスト(AU-2200ユニットの5台連結)

5台のユニットを連結


構成例

イラスト(システム構成例)

概略仕様

チャンネル数 1チャンネル
対応TEDS規格 TEDS: IEEE1451.4(Ver.1.0) 加速度センサ、力センサに対応
周波数範囲 1 Hz ~ 100 kHz(±1 dB)FLAT時
マイク感度範囲 -10 ~ 60 dB re. 1 V/Pa
出力レンジ範囲 50 ~ 160 dB/V re. 1 Vrms(マイク感度に依存、可変幅 70 dB、10 dBステップで可変)
周波数重み付け特性 A/C/Z(FLAT)(適合規格;IEC 61672:2002 Class 1、JIS C 1509:2005 クラス 1)
入力換算自己雑音 -105 dB Vrms 以下(A)ゲイン最大時
入力形式 CCLD タイププリアンプ(4mA/24V)、200 V バイアスタイププリアンプ
入出力コネクタ CO2 型(BNC)、R04R6F 前面および背面
入力電圧範囲 ±5 V
最大出力電圧 ±5 V
センサ用電源 BNC コネクタ(CCLD 4 mA/24 V)
R04R6F コネクタ(電原電圧 ±15 V、200 V バイアス電圧 ON/OFF切替可能)
校正信号 1 kHz(±5%)、0.5 Vrms(±0.2 dB)
(設定レンジの -6 dB 相当)
リモートコントロール USB 2.0 (FULL SPEED)、ミニBタイプ、仮想 COM ポート方式
その他機能 出力自動正規化機能
断線検知機能(CCLD 動作時)
過大な入出力信号に対する警告表示機能
電源 AC/DCアダプタ(STD-1533PA 使用時:AC100~240V)、又はDC: 9 ~ 18 V
電力定格 5 VA(出力オプション未実装時)
使用温度範囲 0 ~ 40 ℃(ユニット単体)
外形寸法 44(W)×132.5(H)×230(D) mm
質量 約 800 g
価格 AU-2200: (税込
ACアダプタ STD-1533PA: (税込 ) 
ACケーブル VM1322-VM1702 (税込

AU-2200 梱包品一式

最終更新日:2014/5/28



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針