100 kHz 対応

データ画面(スループット中の画面例)

 

スループット中画面

 

データ画面(スループットディスク機能のビューア<記録波形の全表示>)

 

ビューワ(記録波形の全表示)

対応ハードウェア DS-2000 DS-3000 CF-3650/3850


本ソフトウェアは、アナログ信号を A/D 変換した後のデジタル信号を、連続的にパソコンのハードディスクに記録します。1つのファイルに最大 4 GB まで記録する事が可能です。記録されたファイルを
DS-0221VA / 0221WA / 0221XA FFT 解析ソフト、
DS-0222VA / 0222WA / 0222XA トラッキング解析ソフト、
DS-0223VA / 0223WA / 0223XA・DS-0224A
1/1・1/3、1/N リアルタイムオクターブソフト
に読み出し、
パソコンのみで後解析する ことができます。従って現場で DS-3000 本体をパソコンに接続し、センサからの信号を連続記録してしまえば、後はパソコンのみを持ちかえり解析する事が可能です。最大何 ch 記録するかによって DS-0250VA(2 ch)、DS-0250WA(~8 ch)、DS-0250XA(~32 ch)を用意しております。

ファイルは独自の ORF ファイル形式で記録されますが、オプションのファイルエクスポート機能(DS-0251A)を使用すれば、WAV、テキスト、DADISP、MATLAB、UFF 形式に変換します。動作環境は Windows XP / VISTA / 7 に対応します。

仕様

収録データファイル
ファイルフォーマット ORF 形式(小野測器独自形式)
ファイルサイズ 最大 4 GB
記録データ 連続時間波形(16 ビット/24 ビット切り替え)、 回転速度情報、マーキング情報 、AD オーバ情報

データ収録性能
収録周波数 ベースバンド:
  • 最高 40 kHz レンジ(102.4 kHz サンプル)
    (DS-0262 2ch 40 kHz、または DS-0264 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
    DS-0362 2ch 40 kHz、または DS-0364 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
  • 最高 100 kHz レンジ(256 kHz サンプル)
    (DS-0266 2ch 100 kHz 帯域入力ユニット使用時)

オーディオサンプリング:

96 kHz、88.2 kHz、64 kHz、48 kHz、44.1 kHz、32 kHz、24 kHz、22.05 kHz、16 kHz、12 kHz、11.025 kHz、8 kHz、6 kHz、5.5125 kHz、4 kHz

収録チャンネル
  • 最高 32 ch 実装チャンネルまで、チャンネル数を指定可能
    (DS-0362 2ch 40 kHz、または DS-0364 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
    DS-0362 2ch 40 kHz、または DS-0364 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
  • 最高 16 ch 実装チャンネルまで、チャンネル数を指定可能
    (DS-0266 2ch 100 kHz 帯域入力ユニット使用時)
収録時間 下表に周波数、チャンネルによる収録時間(実機と計算から算出:単位 秒)
  • 16 ビット精度の場合(回転情報+オーバー情報)
    (DS-0266 2ch 100 kHz 帯域入力ユニット使用時)
周波数レンジ ch数 2 4 6 8 16
100 kHz 1381 × × × ×
50 kHz 2762 2076 1661 × ×
25 kHz 以下 5524 4152 3321 2762 1661
注1 100 kHz レンジで「回転情報+オーバー情報」付の場合は 2 ch まで
注2 50 kHz レンジで「回転情報+オーバー情報」付の場合は 6 ch まで

  • 16 ビット精度の場合(データのみ)
    (DS-0266 2ch 100 kHz 帯域入力ユニット使用時)
周波数レンジ ch数 2 16
100 kHz 4152 2076 × × ×
50 kHz 8305 4152 2768 2076 ×
25 kHz 以下 16610 8305 5536 4152 2076
注1 100 kHz レンジで「データのみ」の場合は 4 ch まで
注2 50 kHz レンジで「データのみ」の場合は 8 ch まで

 

  • 16 ビット精度の場合(回転情報+オーバー情報)
    (DS-0262 2ch 40 kHz、または DS-0264 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
    DS-0362 2ch 40 kHz、または DS-0364 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
周波数レンジ ch数 2 4 8 16 32
40 kHz 3255 2441 × × ×
25 kHz 5208 3906 × × ×
20 kHz 6510 4883 3255 × ×
10 kHz 13021 9766 6510 3906 ×
5 kHz 26042 19531 13021 7813 4340
2 kHz 65104 48828 32552 19631 10851
1 kHz 130208 97656 65104 39063 21701

  • 24 ビット精度の場合(回転情報+オーバー情報)
    (DS-0262 2ch 40 kHz、または DS-0264 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
    DS-0362 2ch 40 kHz、または DS-0364 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
周波数レンジ ch数 2 4 8 16 32
40 kHz 2441 1628 × × ×
25 kHz 3906 2604 × × ×
20 kHz 4883 3255 1953 × ×
10 kHz 9766 6510 3906 2170 ×
5 kHz 19531 13021 7813 4340 2298
2 kHz 48828 32552 19531 10851 5744
1 kHz 97656 65104 39063 21701 11489

 

対応チャンネル ch 1 から実装する任意チャンネルまでを同時収録
(例1. ch 1 ~ ch 4 まで収録/実装は 8 ch)
PC 性能要求 Pentium II 400 MHz、メモリー 128 MB、HDD 6 GB 以上

モニタ-機能
レベルモニター レベルバー表示(全チャンネル同時表示可) OVER、UNDER、ピークホールド機能あり
時間波形モニター 表示画面数:1 ~ 32  画面可能,、縦軸、横軸(時間)の設定機能
(DS-0262 2ch 40 kHz、または DS-0264 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)
DS-0362 2ch 40 kHz、または DS-0364 4ch 40 kHz 汎用ユニット使用時)

表示画面数:1 ~ 16  画面可能,、縦軸、横軸(時間)の設定機能
(DS-0366 2ch 100 kHz 帯域入力ユニット使用時)

時間・ 回転速度モニター 時間、レコード、マーキング、 回転速度をモニター

収録データのファイル化
ビューワの圧縮 ファイル化
ファイル化 任意のフォルダ指定可能
ファイルデータのビューワ 全時間データの表示、指定範囲データの拡大機能、表示チャンネル数の設定
任意範囲の切出 ファイル化可能

動作環境

対応 OS Windows® XP (SP2 以降)、Windows Vista® (SP2 以降)の各32ビット版
Windows® 7、Windows® 10 (64ビット版)

価格

型名 品名 価格(税込)
DS-0250VA 2 ch 用スループットディスク機能
DS-0250WA 4~8 ch 用スループットディスク機能
DS-0250XA 10~32 ch 用スループットディスク機能

*Microsoft®、Windows® は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 

最終更新日:2016/09/27



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針