掘削機の回転アンバランス計測

掘削機のアンバランス振動を計測します。アンバランス振動が生じると回転軸が破損し大変危険な為、定期的に事前管理する必要があります。

回転検出器として HT-5500 ディジタルハンドタコメータを使用して回転軸の回転パルスを拾い、データステーション DS-3000 の外部サンプルパルスに入力します。アンバランスは回転1次振動に着目するため、FFTアナライザをトラッキングモードで立ち上げ、回転パルスを外部サンプルクロックとして、1次の振動値を比較計測します 。なお、加速度信号を一回積分し、振動速度にて計測を行っています。

イラスト(掘削機の回転アンバランス計測 )


機器構成

解析データ例

画面データ(回転アンバランス)

上図は、掘削機に回転アンバランス振動が生じた時のデータです。アンバランスが生じると、回転1次の振動が大きくなります。この例では、初期値約 5 mm/s に対し、81.917 mm/sで 16.3 倍の値を示してい ます。一般的に、目安として 1000 Hz 以下の速度、変位信号の場合、初期値(良好の状態)の概3倍を注意レベル、9倍を危険レベルとしています(ISO 2372 参照)。

ポイント

  • 回転機器の解析には、回転速度に同期させるためのトラッキング解析が有効
  • アンバランス状態は回転1次の振動成分が重要
  • 回転1次のような低周波は、加速度信号を1回積分した振動速度か2回積分した振動変位にて解析
  • 加速度検出器の取付位置に注意(振動値が大きい箇所に取付)

最終更新日:2006/09/19



お問い合わせフィードバックフォーム


お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針