転がり軸受の診断

設備機器等の損傷は早期に発見出来れは軽微ですみます。転がり軸受の異常振動を FFT アナライザで周波数解析を行い、軸受に損傷が発生しているかどうかを診断します。

転がり軸受に取り付けた加速度検出器からの信号を CF-4700 FFTコンパレータに入力します。オプションの変動成分抽出機能に含まれるバンドパスフィルタで損傷により発生する振動の周波数帯域にフィルタをかけ、エンベロープ機能により損傷の部位に応じた基本周波数を解析します。その周波数の振幅で軸受の状態を診断し、メンテナンス時期を判定します。また、ヘッドホン出力により音を聞いてフィルタを設定する事ができます。

 

イラスト(システム構成)

 

イラスト(異常振動発生原因測定の流れ)


機器構成

  型名 品名 備考

1

CF-4700 FFTコンパレータ  

2

CF-0473(オプション) 変動成分抽出機能  

3

NP-3000シリーズ 加速度ピックアップ CCLD(またはTEDS)機能付き

4

HT-5500 ディジタルハンドタコメータ 1回転1パルスを検出(反射テープ)

解析データ例(動画)

ポイント

  • ベアリングのキズのように鋭い波形が予想される際には、バンドパスフィルターを通してエンベロープ処理することで、キズの発生周期が解析可能
  • 回転速度を測定する
  • 加速度検出器の取付位置に注意(ベアリングに近い、振動値が大きい箇所に取付)
  • ベアリングの諸元を事前に調べておくことが重要

最終更新日:2016/06/08



お問い合わせフィードバックフォーム


お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針