静電容量式厚さ計・変位計仕様の直線性について教えて下さい

直線性とは、距離の真値に対しての計測値の最大誤差範囲を示しています。

 

 

変位測定の場合、直線性仕様が精度となります。 例えば、センサに VE-1520 を使用する場合、フルスケール(F.S.)が 1500 μm なので、±2.25 μm の精度となります。

厚み測定の場合、2つのセンサでそれぞれの距離を測定し、演算で厚みを算出していますので、最大誤差仕様は、直線性仕様の2倍となります。しかし、通常、厚み測定ではマスター片で基準厚みを校正します。距離変化が少ない場合は誤差の変化が少ないため、マスター片校正を行うと計測誤差を押さえることが出来ます。検査対象ワークの種類毎にマスター片を用意し、マスター片と検査ワークとの厚み差を少なくし、且つ測定時のワーク位置の変化も抑える工夫をすることで、仕様よりも少ない誤差に押さえることが出来ます。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針