VE シリーズ ギャップディテクタを使うメリットは?

メリット1: 非接触で測れる

VE シリーズ ギャップディテクタは静電容量式センサで、非接触測定を行いますので測定対象を変形させたり傷を付けたりすることがありません。また、触ることで変形してしまうような柔らかい物の厚さも計測することが出来ます。

 

 

メリット2: 導体であれば材質、表面状態は問わない

VE シリーズ ギャップディテクタは静電容量式センサで、測定対象が導体であれば材質・表面状態は問いません。表面が鏡面に仕上がっていても、ざらざらした面で仕上がっていても、測定に影響はありません。対して、渦電流式のセンサは比較的安価でオイルミストなどがある環境でも使用できる利点がありますが、材料によって出力特性が大きく変わるため、材料毎に校正を行わないと使用できない欠点があります。また、レーザ式の三角測量式変位計は表面の反射率の不均一さ、近接体の2次反射、透明体の裏面反射などの影響を受けることがあります。

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針