TS-2600 RS-232Cコマンド

RS-232C に付いて説明します。 パラメータの設定に関しては質問の項「設定手順書」を、N-0 設定に付いては「ターミナルモードを使った N-0 設定の方法」を参照下さい。

 

1. 概要

RS-232C は、EIA (Electronic Industries Association) で規格化されたシリアル・コミュニケ−ション・インタ−フェ−スです。本器の RS-232C  インタフェ−スは、デ−タの読み出しや N-0 補正値の書き込み等をミニコンやパ−ソナルコンピュ−タ等の適当なプログラムにより可能にします。端末エミュレ−タまたは VT-100 端末エミュレ−タの機能をサポ−トとしているパソコンがある場合は、本器のタ−ミナルモ−ドでトルクのゼロ補正値/N-0 補正値の書き込みができます。

 

2. 仕様

規格

EIA および JIS X5101 に準拠

通信方法

調歩同期全二重モ−ド

伝送速度(ボ−レ−ト)

9600 bps

キャラクタ長

8ビット

パリティチェック

ストップビット長

1ビット

Xパラメ−タ制御

XON - XOFF 制御

タ−ミネ−タ

CR LF

 

3. パソコンとの接続のしかた

■ケ−ブル配線

外部機器側が制御信号を使用する場合は、ケ−ブルの配線またはプログラム上でその制御信号を無視します。

■ケ−ブル配線例

適合コネクタ型式(信号ケーブル側): R03-PB3M(多治見無線電機製<別売>

基本接続( TxD 、RxD の信号線のみで通信する場合)

 

 

4. 信号の説明

信号名

機能

入出力

TxD(BA)

送信デ−タ

出力

RxD(BB)

受信デ−タ

入力

RTS(CA)

送信要求

出力

CTS(CB)

送信可

入力

SG(AB)

信号用接地


(1) TxD ( Transmit Data )

送信デ−タ出力信号で、通常MARK 状態( - 9 V )になっています。
+9 V レベル・・・0 (スペ−ス)
−9 V レベル・・・1 (マ−ク)

(2) RxD ( Recive Data )

送信デ−タ入力信号です。
+9 V レベル・・・0 (スペ−ス)
−9 V レベル・・・1 (マ−ク)

(3) SG ( Signal Ground )

信号用のコモンです。

 

5. 機能

■書き込み


トルクのゼロ補正値 CW/CCW 各1 ポイント
N-0 補正値 CW/CCW 各5 ポイント
オ−トゼロ ゼロ補正の設定

 


■読み出し


トルク測定値 パラメ−タ設定 1- 7/1- 8 で設定された計測ゲ−ト時間の平均値
回転測定値 パラメ−タ設定 1- 7/1- 8 で設定された計測ゲ−ト時間の平均値
設定値 レンジ・ファクタ・ P/R ・小数点・トルクのゼロ補正値( CW/CCW )・N- 0 補正値( CW/CCW )・回転方向・パラメ−タ設定内容
信号状況 トルク信号入力・回転信号入力・READY・トリガ

 

6. コマンド一覧

コマンドタ−ミネ−タは、CR( 0DH )またはLF( 0AH )で、TS-2600 からの出力には、CR+LF が付加されます。Xoff(^S :13H )で出力を一旦停止、Xon(^Q :11H )で再開します。

 

■デ−タの読み出し

 

RTD (Read Torque Data) トルク表示値の読み出しを行います。
RRD (Read Revo Data) 回転表示値の読み出しを行います。
RDD (Read Display Data) トルク表示値、回転表示値を”,”で区切って出力します。
RLO (Read Logging On) トルク表示値、回転表示値を”,”で区切って、
”RLF ”コマンドを受けるまでゲ−ト時間ごとに連続的に出力します。
RLF (Read Logging off) ”RLO ”コマンドによる連続出力を止めます。

 

■設定値の書き込み

設定値の書き込みは、前面パネルの LOCK スイッチが UNLOCK 側になっていないと行えません。
STZn ,d (Set Torque Zero) n =0 :CW ,1 :CCW
d =- 1 ,0 ~99999

トルクのゼロ補正値の書き込みを行います。
d =- 1 のとき、前面パネル TRQ ZERO スイッチと同機能です。

STNn ,r(P1), t(P1), r(P2), t(P2), r(P3), t(P3), r(P4), t(P4), r(P5), t(P5), (Set Torque N-0)  n =0 :CW ,1 :CCW
r(P1 ~P5 )=0 ~99999
(各ポイントの回転デ−タr/min )
t(P1 ~P5 )=0 ~±9999
(各ポイントのトルクデ−タ)

N-0 補正値の書き込みを行います。デ−タが妥当であれば、回転値の昇順に並び替え、N-0 テ−ブルの計算を行います。(N-0 スイッチが ON になっていれば補正が有効になります。)

SBD (Set Backup Data) 全バックアップメモリの書き込みを行います。

■設定値の読み出し

 

RTF (Read Torque Factor) トルクファクタ−設定値の読み出しを行います。
RTR (Read Torque Range) トルクレンジ設定値の読み出しを行います。
RTP (Read Torque decimal Point) トルク表示小数点設定値の読み出しを行います。
RTZn
(Read Torque Zero)
n =0 :CW ,1 :CCW

トルクのゼロ補正値の読み出しを行います。

RTNn
(Read Torque N-0)
n =0 :CW ,1 :CCW

N- 0 補正値の読み出しを行います。 各デ−タは、”,”で区切られ、次の順序で出力されます。

P1N- 0 REVO

P1N- 0 TORQUE

P2N- 0 REVO

P2N- 0 TORQUE

P3N- 0 REVO

P3N- 0 TORQUE

P4N- 0 REVO

P4N- 0 TORQUE

P5N- 0 EVO

P5N- 0 ORQUE

 

RRP
(Read Revo Pulse)
回転 P/R 設定値の読み出しを行います。
RPS
(Read Parameter Setting)
パラメ−タ設定値の読み出しを行います。 各デ−タは、すべて”0 ”か”1 ”で、”,”で区切られ、次の順序で出力されます。

 

DET TYPE
(0 :DY- ST 1 :DY)
パラメ−タ設定1- 1
T CONST
(0 :500 ms 1 :63 ms)
パラメ−タ設定1- 2
ROT SET
(0 :INT 1 :EXT)
パラメ−タ設定1- 3
N- 0
(0 :OFF 1 :ON)
パラメ−タ設定1- 4
REV UNIT
(0 :×1 r/min 1 :×10 r/min)
パラメ−タ設定1- 6
GATE- 1
(0 :INT 1 :EXT)
パラメ−タ設定1- 7
GATE- 2
(0 :1s 1 :10 s)
パラメ−タ設定1- 8
PRN CMND
(0 :HOLD SIG 1 :GATE)
パラメ−タ設定2- 1

 

RMD
(Read MoDe)
動作モ−ドの読み出しを行います。

 

0 :MEASURE MODE

1 :CALIBRATION MODE

2 :LED TEST MODE

3 :SETTING DISPLAY MODE

 

RCD
(Read Condition Data)
コンディションデ−タの読み出しを行います。 各デ−タは、すべて”0 ”か”1 ”で、”,”で区切られ次の順序で出力されます。

 

READY (0 :OFF 1 :ON)

TRQ SIG (0 :OFF 1 :ON)

REV SIG (0 :OFF 1 :ON)

CLR (0 :OFF 1 :ON)

TRG (0 :OFF 1 :ON)

ROTATION (0 :CCW 1 :CW)

 

RBD (Read Backup Data) 全バックアップメモリの読み出しを行います。
VER (VERsion) ROM バ−ジョンの読み出しを行います。

 

■その他検査用

STA (Set Torque Analog) トルク出力 DA 値の書き込み( CALIBRATION モ−ドのときのみ有効)を行います。
SRA (Set Revo Analog) 回転出力 DA 値の書き込み( CALIBRATION モ−ドのときのみ有効)を行います。
TRM (TeRMinal mode) タ−ミナルモ−ドに入ります。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針