TS-2600 とパソコンをRS-232Cでつなぐ時の設定(Win Xp版)

設定手順


  • TS-2600 とパソコンを接続する RS-232C ケーブルを用意し接続します。
    TS-2600 は前面パネルの LOCKスイッチ は OFF にし、オプションの TS-0220 が入っている場合は内部の設定を無効にしておきます。

  • パソコンのみ電源を投入し、Windows Xp を起動します。

  • スタート → すべてのプログラム → アクセサリ → 通信 → ハイパーターミナル をマウス選択

    「既定の Telnet プログラムにしますか?」ウインドウが開きます。→ いいえをクリック。

  • 「接続の設定」ウインドウが開き「新しい接続 名前を入力し、アイコンを選択してください」と表示されますので、「TS2600」と入力し、適当なアイコンを選択し、OK をクリック。

  • 「接続の設定」ウインドウの内容が電話番号情報の入力に変わります。接続方法:「COM 1」を選び、OK をクリック。
    (COM 1 に RS-232C ケーブルを接続している場合)
  • 「COM 1のプロパティ」が開くのでポートの設定を行ないます。

  • ビット秒 9600
    データビット 8
    ストップビット 1
    パリティ なし
    フロー制御 Xon/Xoff

     

  • 適用をクリック → OK をクリック → 「TS2600 のハイパーターミナル」ウインドウが開きます。

  • メニューから、ファイル → プロパティ をクリック。

  • 「TS2600 のプロパティ」ウインドウが開きます。

  • 「設定」のタブをクリックし下記の選択、設定をします。

    ターミナルキーをチェック、
    BackSpaceキーの送信方法
    どの設定でも可
    エミュレーション VT-100
    Telnetターミナル ID VT100
    バッファの行数 500
    エンコード方法 シフト JIS → OK
    ASCII 設定 行末に改行文字を付ける、
    受信データに改行文字を付ける、
    右端で折りすにチェックを付ける → OK → OK
  •  

    以上の操作の後、TS-2600 の電源を投入し、パソコンでコマンドを入力すると通信を行なえます。

     

    終了操作

  • ファイル → ハイパーターミナルの終了 の順でクリック。
  • 「現在、接続されています。切断してよろしいですか?」 → 「はい」
    「“TS2600”と名前付けされた接続を保存しますか?」 → 「はい」
  •  

    次回からは、上記 1、2 を行い、3 の操作で「通信」の後に表示される項目に(フォルダ)ハイパーターミナルがありますので、その中の TS-2600 をクリックします。後は TS-2600 の電源を投入すると通信可能となります。なお、デスクトップにアイコンとして置くとアイコンのダブルクリックで起動できます。

     

    注意

    Windows XP パソコンで COM 1 コネクタが無い場合は専用 RS-232C ケーブルの他に、USB ←→ RS-232C 変換コネクタ(市販)が必要です。



    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針