TS-2600 N-0設定 ターミナルモードの起動方法(Win 95)

TS-2600 で N-0(回転数毎のゼロ点補正の設定)をするには、TS-2600 と CPU を RS232C で接続し、Windows95 に標準で装備されているハイパーターミナル機能を利用します。RS232C 用信号コードは当社専用のものが必要です。

 

次はハイパーターミナルの立ち上げ手順です。

 

  • TS-2600 とパソコンを接続する RS232C ケーブルを用意し接続します。

  • Windows 95 を起動します。
  •  

  • スタート → プログラム → アクセサリ → ハイパーターミナル Hypertrm.EXE を選択します。
  • ハイパーターミナルのウィンドウが開くので、を起動します。

  • ”接続する前に、まずモデムをインストールしなければなりません。インストールを始めますか?”と出た場合は いいえ を押します。

  • 接続の設定ウインドウが開くと、
  •    名前(N):TS-2600  と入力し、アイコンは適当に選択し OKを押します。


    1. 電話番号のウインドウが開くと、
    2.    接続方法(N):Com1へダイレクト、またはCom2へダイレクトを選択し、

         OKを押します。


      これは RS232C ケーブルを接続しているComポート番号を選択する設定です。CPU のコネクタ番号を確認してください。


      1. COM_のプロパティが開くのでポートの設定を行います。

      2. ビット/秒(B):9600
        データビット(D):
        パリティ(P):なし
        ストップビット(S):
        フロー制御(F):Xon/Xoff


           以上を入力または選択しOKを押します。


        1. ファイル(F)→ プロパティ(R)を選択するとTS2600のプロパティウインドウが開くのでタブの[設定]を選択し以下の設定を行います。

        2.   ファンクションキー、方向キー、Ctrlキーの使い方


            ターミナルキーを選択。


                   エミュレーション(E):VT100


           10.エンコード方法(I)を押しホストシステムエンコード方法のウインドウを開きます。

              シフトJIS(S)を選択し、OKを押します。


           11.ASCII設定(C)を押しASCII設定のウインドウを開き、以下の設定を行います。

           [ASCIIの送信]

              行末に改行文字を付ける(S)

              ローカルエコー(E) 


          にチェックマークを付けます。

           

           [ASCIIの受信]

              受信データに改行文字を付ける(A)

              右端で折り返す(W) 


          にチェックマークを付け、OKを押します。現在開いているウインドウを閉じるため再度OKを押します。

           

           12.ファイル(F)→名前を付けて保存(A)します。

             ファイル名にはすでにTS2600と入っているので保存を押します。


           13.TS2600の電源を一度OFFし、再度ONします。

          これによりRS−232CでCPUとTS2600が接続されます。


           14.半角大文字でTRMとキー入力(ターミナル画面上には入力した文字は見えない)するとN−O補正値入力画面が起動しますので、TS2600取り扱い説明書にしたがって設定操作をしてください。


          15.TS2600のアイコンが作られてますので、後日再度N−O補正を行う場合はハイパーターミナルを起動しファイル(F)からTS2600のアイコンをクリックする事によりハイパーターミナルが起動します。その画面で14.の操作を行います。



    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針