初期設定に戻す方法

<操作説明上の注意>

設定モードのメニュー項目には 「INPUT → MEASURE → FUNCTION → DISPLAY → OUTPUT → OTHER」があります。 メニューの各項目の設定を流れ図で示し、選択は赤枠で設定値は添え字で記します。 赤枠の無い項は[SET/NEXT]ボタンを押し、パスしてください。 フローの→印に沿ってボタン操作をおこなってください。 ボタン操作の説明は下記<ボタンの基本操作>を参考いただくことで、記載を省略します。


■ボタン操作の基本


  • 「MENU」ボタンを押し、設定モードに入ります。

  • 「MENU」ボタンを短押しすると一つ前の項目へ戻ります。

  • 「MENU」ボタンを長押しすると、どの位置からでも計測モード(測定値表示)に切り替わります。

 

■操作

  • [MENU]ボタンを押し、設定モード「OTHERS」を選択します。

  • パネルコンディション設定画面<PANEL CONDITION>で“CLEAR”を選択するとバックアップメモリーがクリアされ、初期状態に戻ります。

  • [MENU]ボタンを長押し計測モードに戻ります。


  •  

    【設定値の保存について】

  • バックアップメモリー
    メニューの設定内容はバックアップメモリーに保存されています。電源をONするとバックアップメモリーの設定内容が自動的に読み出されます。

  • CLEAR
    バックアップメモリーの内容を初期設定(出荷時)に戻します。

  • CONDITION
    バックアップメモリーの設定内容はCOND1へ記憶(SAVE)しておくことが出来ます。
    LOAD操作でバックアップメモリーに読み出すことが出来ます。

  •  

    ■捕捉

    通常測定で使用する測定条件はバックアップメモリーに記憶されます。そのほかに測定条件をコンディションメモリー 1 ~ 4 に保存しておくことが可能です。 “CLEAR”操作では、バックアップメモリーの設定内容が初期に戻りますが、コンディションメモリーは変更されません。コンディションメモリーのクリアはできなく、SAVE 操作で新しい測定条件を上書き保存することになります。 コンディションメモリーの測定条件を使用する場合は、メニューの「OTHER」→“LOAD”操作でバックアップメモリーに読み出す必要があります。



    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針