TM-3100の表示が安定しない(誤カウントする)

→ TM-3100シリーズ ディジタル回転計 設置マニュアル短編 (PDF 1.2 MB)


TM-3100 は、高感度のため、信号ライン上の高周波数ノイズの影響を受け、回転数がばらつくことがあります。必ず、取扱説明書に記載するノイズ対策を行ってください。

また、EMC 適合にする場合は「TM3100 設置マニュアル」取扱説明書をダウンロードし、必ず説明通り金属製盤への収納とラインフィルタ、サージキラーを使った電源配線、および信号シールド線処理を行ってください。

 

■ノイズ対策配線

  • TM-3100 本体電源端子の GND は必ず接地してください。

  • 接地

    第3種接地以上(100Ω 以下)、2 mm2 以上の軟銅線(AWG14)、接地延長最大 20 m


  • 全ての入出力信号ケーブルのシールドは両端を安定したアースに接続接地してください。

  • 次の図を参考に、信号ケーブルはなるべく短く配線してください。

  • サージキラーのマイナス側配線は 50cm 以内にして下さい。

  •  

     

     

    部品名 製造会社名 型名 個数
    ラインフィルタ TDK株式会社 ZHC2203-11 1
    サージキラー フェニックス・コンタクト株式会社 F-MS 12ST 1
    サージキラー フェニックス・コンタクト株式会社 VAL-MS 230ST 2
    サージキラー用ベース フェニックス・コンタクト株式会社 VAL-MS-BE 1

     

  • 次の図を参考に、シールドをグラウンディングを用いてアースに接地してください。なおグラウンディングクランプ は、竹内工業製EMT シリーズを推奨します。 なお、B スロットにオプションのEXTERNAL ユニットTM-0350 (RS-232C+GATE) が組み込まれている場合の RS232C のケーブルは、ディジタル回転速度計TM3100 シリーズから10cm 以内に接地し、パーソナルコンピュー タ側には接地する必要はありません。



  • TM-3100 の POWER スロットにオプションの DC 電源ユニット TM-0301 が組み込まれている場合には、POWER スロットに配置されている DC 電源モジュールへは、次の図を参考にケーブルを接続してください。この時、必ずフェライトコア星和電機製(E04SR301334) を使用し、ファライトコアにはケーブルを必ず 2 ターンしてください。

  •  



    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針