アイテムスケールモードの使い方

アイテムスケールモードは、複数のアイテムを重ねがきした時、トラックのスケールを無効に切り替えることができます。

Oscoepは、弊社製データロガーシステムDL-1000/2000シリーズVartsや、KY-1000シリーズエンジン試験装置と同じように、単位の異なるアイテムを重ねがきすることができます。
しかしその一方で、本来トラックには固有のスケールがあるため、単位の異なるアイテムを1つのトラックに重ねがきすると、振幅が小さすぎるアイテムは直線のように描画されてしまう恐れがあります。
アイテムスケールモードは、このようなケースに有効な機能です。

 

オプション(O)メニューから [アイテムスケールモード(I)] をクリックし、アイテムスケールモードをONにします。

 

2

アイテムスケールモードをONに切り替えると、トラックのスケールが無効になり、各アイテムが持つスケールが有効に切り替わります。

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針