旧LA-5111/5120/2110/2111に使用していた
RS-232Cを使ったプログラムは使用できますか
また、当社で配布していた同上機種用フリープログラムは使用できますか
これまで旧LA-5111/5120/2110/2111騒音計でご使用のプログラムは原則としてそのままでは使用できません。たとえば、 セーブデータ読みだし等の場合、コマンドは同じでも送られてくるデータの内容が異なっていたり、演算値の順番が異なっている場合があります。 同様にこれまで配布していたフリープログラムや、WS-5340 騒音計用簡易データ転送ソフトウェアといったソフトも、使用できません。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針