SDカードに最長何時間までデータ保存可能

Meas Time (測定時間)、Total Time(全測定時間)とも、199時間59分59秒が最長設定時間に、またMea Timeは0.1秒、Total Timeは1秒が最短設定時間になります。

メモリーモードには自動で測定データを繰り返し保存する機能があります。例えば、LAeqを測定する場合、Meas Time(測定時間)が10分、Total Time(全測定時間)を24時間などと設定します。この設定でデータ保存を実行すると、10分間測定したLAeq演算結果データを24時間メモリーに繰り返し保存します。データ数は;


 

 

144データが1ファイルとして保存されます。

メモリーモードが「1TWAuto」の設定の場合、1データはLp/Leq/LE/LMX/LMN/Lpkが記録され、データバイト数は86バイトです。1ファイルのデータバイト数は、144 ×86 = 12384バイトですが、管理用として367バイトが追加されますので、トータル12751バイト(約13kバイト)となります。

1秒間隔で199時間59分59秒(719999秒)保存の場合、719999×86+367 = 61920281バイト(約60Mバイト)になります。

なお、Total Timeを 0 に設定した場合、測定を1回行ってファイル保存後、測定を停止します。LA-0551、LA-0552リアルタイム分析機能を使った場合も 同様になります。LA-0554サウンドレコーディング機能については、別のFAQをご覧下さい。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針