SDカードに保存できるファイル数、データ量

メモリーモードが「1TWAuto」の設定の場合、1データはLp/Leq/LE/LMX/LMN/Lpkが記録され、データバイト数は86バイトになり、加えて管理情報367バイトが付随し、トータル453バイト使われます。この場合、1ファイルにデータとしては、453バイトしか在りませんが、メモリー使用量としては、16384バイト消費します。

SDメモリーカードはファイルシステムで管理されてます。1つのファイルを構成する最小単位が1クラスタになります。1クラスタの大きさ(サイズ)は16384バイトになってます。

50バイトのデータを保存した場合も、16000バイトのデータを保存した場合も、ファイルの大きさとしては、1クラスタ(16384バイト)消費してしまいます。 16384バイトを超えるデータを保存する場合は、大きさに応じて、複数のクラスタを使います。 SDメモリーカードに保存できるファイル数は、1回の測定のデータが1クラスタ内のサイズに収まる場合、次表のようになります。

SDメモリーカード容量 フォーマット後保存可能ファイル数(概略)
32 MB 1893 files
64 MB 3873 files
128 MB 7678 files
256 MB 15604 files
512 MB 31244 files
1 GB 60456 files

 

測定及びメモリーモードにより、測定データ量が1ファイルを越える場合には、複数のクラスタを使って保存されます。ただし、この場合でも作成されるファイルは1ファイルです。

 

測定&保存例 使用クラスタ数
LAeqを1回測定してマニュアル保存した場合 1 クラスタ
LA-0552 1/3オクターブリアルタイム分析(オプション)を使い、リアルタイムオクターブ分析のLeq及びLxを測定時間5分、全測定時間2時間で自動保存した場合
(24データ)(3TWLxモード)
2 クラスタ

 

なお、LA-0554サウンドレコーディング機能については、別のFAQをご覧下さい。

 

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針