周波数補正特性の設定

■周波数補正特性の設定

周波数補正特性はA/C/FLATの3種類あり、測定する目的に応じてパネルスイッチ[A/C/FLAT]により切り替えます。

 

  • 用途別周波数補正特性

  • 周波数補正特性は、用途や目的に応じて、次の表を参考に切り替えてください。

    A特性

    ・一般的な騒音測定全般に対応

    C特性

    ・音響測定での音圧近似値の測定
    ・A特性の騒音測定値と比較して低域周波数成分の大小目安測定
    ・AC出力の記録時

    FLAT

    ・音響測定時の音圧測定

     

  • 周波数補正特性の切替え

  • パネルスイッチ[A/C/FLAT]を押すたびに周波数特性が次の順序で切り替わります。

    A特性→C特性→FLAT→A特性→・・・


    お問い合わせフィードバックフォーム

    お客様相談室




    Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針