DG-4280 各部の名称と機能

ゲージセンサーと組み合わせ寸法を行います。新、旧を含め全GSシリーズに適合します。

(1) 前パネル

前面パネル.bmp (172440 バイト)

<1> 表示部

測定値を数値5桁でmm単位で表示します。測定値がマイナスの時は、左側の”−”表示が点灯します。測定エラーの時は表示値が点滅します。(トラブルシューティングの項を参照ください)

 

<2> RESETスイッチ

スイッチを押すと、表示値とBCD出力、及びエラー出力がリセットされます。

 

<3> PRESET1~4ディジタルスイッチ

判定のためのプリセット値を設定します。

 

<4> PRESET GATE1~4

背面パネル端子台よりプリセットゲート(1~4)が入力されている間赤色に点灯します。点灯中は、判定出力が強制的に停止され、OFFになります。

 

<5> PRESET OUT1~4

設定値が各プリセットの出力条件を満たしたとき点灯します。プリセット出力条件(PRESET 1~4共通)

設定極性=測定極性で  かつ   |設定値|≦|測定値|の時

 

(2) 背面パネル

背面パネル.bmp (178680 バイト)

側面ラベル.bmp (167480 バイト)

<6> 電源入力端子(No.1、2)

AC100V~240Vの電源を入力します。

 

<7> 接地端子(NO.3)

安全とノイズ除去のため、必ず接地します。

 

<8> プリセットゲート 入力端子(NO.5~8)

この端子と<9>COM端子が短絡されると強制的に判定が停止され、判定出力がoffになります。

 

入力端子 プリセットゲート
No.5 1
No.6 2
N0.7 3
No.8 4

 

<9> COM端子(No.9)

プリセットゲート信号用コモン端子です。

 

<10> <11> <12> <13>プリセットリレー出力(No.10~17)

1メイク接点出力で、測定値がプリセット1~4の出力条件を満たすと、ON します。

  入力端子 プリセット出力
<10> No.10  、No.11 1
<11> No12  、No.13 2
<12> No.14  、No.15 3
<13> No.16  、No.17 4

 

<14> ホールド入力端子(No.20)

この端子と<16>COM端子を短絡すると、表示値及びBCD出力がホールドされます。ただし判定出力はホールドされません。

 

<15> リセット端子(No.21)

この端子と<16>COM端子を短絡すると、表示値とBCD出力、及びエラー表示とエラー出力がリセットされます。

 

<16> COM端子(No.22)

ホールド信号、リセット信号用コモン端子です。

 

<17> BCD OUTコネクタ

BCD出力、判定出力、及び外部コマンド信号入力用コネクタです。

 

<18> SIG INコネクタ

ゲージセンサの信号ケーブルを接続します。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針