ある周波数のラインのスペクトル値をピーク値(またはP-P値)で読みたい

パワースペクトルにおいて1つのライン値(すなわち周波数帯域)は2乗平均値を表しているので、そのリニアスペクトルは実効値ですが、通常 FFT分析の分析幅(周波数分解能)は小さいので、その出力は正弦波(または余弦波)と近似することができます。そのため、その周波数の振幅値ピーク値、片振幅値)は実効値の √2 倍と近似的に算出できます。この近似的なピーク値を等価ピーク値と呼ぶ場合があります。同様に、P-P 値(ピークtoピーク値、両振幅値)は実効値を 2√2 倍して求められます。

例として、入力信号をとすると、実効値は A/√2 、振幅値(ピーク値)は A、P-P 値は 2A となります。

 

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針