実効値とは何ですか?
実効値とは、時間信号の平均的な大きさ(強度)を表す量で、周期信号 xt)の周期を Tとすると、以下の(1)式で定義されます。

(1)

 


xt)が非周期信号であれば、以下の(2)式で定義されます。

(2)

 

上式の通りに表現すれば信号の2乗値の平均の平方根(root mean square)なので、実効値は、rms 値とも呼ばれます。

 

実効値の物理的な意味は、ある抵抗 R に直流電圧 E(V)を加えた時に消費される電力(パワー )と等しい電力をある交流電圧が消費すれば、その交流電圧の実効値は E(V)となります。振幅 A の正弦波(A sin ω t)の実効値は、0.707 A(0.707 = 1/√2)となります。

 

 



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針