騒音計やマイクロホンからの電圧信号を dB (音圧レベル、Lp)で直読したい

音の計測では、マイクロホンの感度値、プリアンプのゲイン(挿入損失)、マイクアンプのゲインなどがあることや、基準値が 1 EU(音圧レベルの基準値は 20 μPa)でないことなどにより、通常は、音響校正器などの校正信号(AC 信号)を使って、FFTアナライザを校正します。すなわち、音響校正器が発生する指定された音圧レベルに相当する AC 信号(通常は正弦波)を FFTアナライザでその電圧レベル値を読み取り、その値を指定された音圧レベル値に換算することにより、パワースペクトルの任意のピーク値やオーバオール値を音圧レベル(単位は、dB)で直読できます。


具体的な操作手順は、関連項目をご参照下さい。



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針