DS-0321 タイムレコード信号出力で、出力する電圧を変更したい場合は?

タイムレコード信号出力の振幅モードで “A/Dデータのフルスケール” を選択して、 振幅値を設定します。

 

 

 

 

・収録時の振幅: 収録した信号の電圧の大きさをそのままで出力します。

 

・A/Dデータのフルスケール: 収録した時の電圧レンジ値(A/Dのフルスケール)を任意の電圧で出力します。 設定可能電圧は、最大10 V。

 

たとえば、収録時は 0.1 Vrms (0.141 V)レンジだったときに、 振幅[V]を 5 にすると、
5 ÷ 0.141= 35.5 倍の電圧で出力されます。

 

 


お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針