FRAME LINK2(4筐体接続)が接続できない場合の確認方法

FRAME LINK2の接続に失敗する 場合

 

考えられる原因 ①:ハードウェアの未対応

 

筐体またはインターフェースが対応していない可能性があります。

 

●処置
FRAME LINK2 を使用するには、次の条件を満たしたハードウェアが必要です。

 

筺体 :DS-3200 メインユニット
インタフェース :DS-0392A 筺体間接続インタフェース

次の図を参考に、ご使用のハードウェアがFRAME LINK2 の使用条件を満たしていることをご確認ください。



 

 

 

考えられる原因 ②:接続ケーブルの未接続

 

AX-9035/9036 筺体間接続ケーブルまたはAX-9041 USB 接続ケーブルが、接続されていない(抜けている)可能性があります。

 

●処置
AX-9035/9036 筺体間接続ケーブルまたはAX-9041 USB 接続ケーブルが、正しく接続されていることをご確認ください。

 

 

考えられる原因 ③:筺体接続方法の間違い

 

筺体(DS-3200 メインユニット)が、正しい方法で接続されていない可能性があります。

 

●処置
筺体(DS-3200 メインユニット)は、DS-0394 筺体間接続ボックスのユニット接続端子UNIT1 から順に

(UNIT 1 → UNIT 2 → UNIT 3 → UNIT 4 の順に)接続します。

接続する開始番号を空けたり順番を 飛ばすと、FRAME LINK2 の接続に失敗します。

次の図の ① および ② は、正しい方法で接続した例です。

4 台以下の筺体を接続する場合は、UNIT 1 から順に接続します。

 

 

次の図の ③ および ④ は、間違った方法で接続した例です。

3 台またはそれ以下の筺体を接続する場合に、次の図 ③ ではUNIT 1 から順に接続していません。

また次の図 ④ では、順番を空けて接続しています。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針