この製品は販売終了しました。後継製品はこちら

戻る 戻る


干渉計内蔵のシンプル構成で高分解能・高精度レーザ測長計

LV-9300 レーザ測長計ユニット

LV-9001 レーザ測長センサ

1ch測長器・2ch測長器



 

  • 干渉計一体型のシンプル構造

  • 最大±5 m まで測定可能

  • 最大 1 MHz サンプリング

  • 2.5 m/s 対応の高速応答

  • ±1 m:分解能 0.618 nm、
    ±5 m:分解能 2.5 nm
    の高変位分解能

  • LV-0930 動特性解析ソフトを組み合わせ、サンプリング周波数 1 MHz の高速応答で移動軌跡や振動軌跡などをグラフ表示

  • USB 2.0 ディジタル出力標準装備

新たに開発した LV-9300/LV-9001 は、He-Ne レーザ光を使って直線変位を測定する高精度・高速応答非接触測長システムです。干渉計内蔵のシンプルな構成のため簡単に、短時間に設置可能です。 プリンタ・スキャナ・コピー機等の OA 機器や、工作機械・移動ステージ等の精密位置決め機構を有する機械の動特性解析まで、高精度な位置決め計測に威力を発揮します。 また、LV-0930 変位解析ソフトウェアオプションを用いると、USB 出力より計測データを読み込み、最高 1 MHzのサンプリング周波数で、測定物の移動軌跡や停止時等に発生するオーバーシュートなどの動特性解析や、ISO230-2 に準拠した位置決め精度試験が可能です。 レーザ測長計システムはユニットの組合せにより、1chの測長計として、或いは2chの測長計としてピッチング&ヨーイングや差分計測システムの構成が可能です。

 

 

関連情報



お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室

お問い合わせフィードバックフォーム

お客様相談室




Copyright © ONO SOKKI CO.,LTD All Rights Reserved. | 当サイトのご利用にあたって| 個人情報保護方針