この製品は販売終了しました。後継製品(TS-3200A)はこちら
  ONO SOKKI Co.,LTD

販売終了 (TS-3200Aが後継機となります) HOME > 製品紹介 > トルク計測 > TS-3200
トルク演算表示器 TS-3200
トルク計関連 製品群概要
FAQ (よくある質問)
外観図ダウンロード (DWG/PDF)
製品カタログ (PDF)
ユーティリティプログラムダウンロード
アプリケーションe-見積

製品写真(TS-3200 トルク演算表示器)

TS-3200 は、大型液晶表示器(LCD) を採用し、設定用表示部とデータ表示部を一体化、コントラストのはっきりした見やすい表示で、設定のし易さ、使いやすさの大幅向上を実現しました。

 設定条件のメモリ−を従来の 1パターンから 10 パターンに増強、検出器を交換したときの設定切替が登録条件を呼び出すだけで行なえますので、いくつもの検出器をご使用になる場合に大変便利です。

データ表示は、最大 7 項目を同時表示、トルク・回転に加え、演算データの出力(W) を表示でき、またそれぞれの最大値・最小値・peak to peak  の表示も選べます。トルクの平均値と変動幅を同時にモニターするといった使い方が可能です。 データ出力は2チャンネルのアナログ電圧を標準装備。別売オプションで各種ディジタルインタフェースや追加機能を用意、さまざまな用途にお使いいただけます。

 

特長

  • 大型 LCD 表示パネルの採用により、最大7項目のマルチデータ表示可能

  • 設定のし易さ、使いやすさの大幅向上を実現

  • 小型軽量コンパクト、体積比 2/3、質量比 1/2 (従来機種 TS-3100B と比較)

  • 通信インタフェースのオプションが充実 (RS-232C、GPIB、LAN より選択 別売オプション)

  • 設定条件を 10 パターン登録可能 - 検出器交換時の設定替えが容易

  • 温度データ設定機能 - 温度データ設定により一層の高精度測定が可能

  • 最大値、最小値、peak to peak 表示、絶対値表示が可能

 

概略仕様

◆トルク信号計測部

入力部

増幅部

アイソレーションされた不平衡直流増幅

入力信号

位相差変換型検出器出力信号

入力インピーダンス

約 2 kΩ(入力信号振幅 2 Vpp 以下時)

入力周波数範囲

200 Hz ~ 50 kHz

入力信号振幅範囲

0.2 Vpp ~ 15 Vpp

コネクタ

TRC116 - 23A10 - 7F
設定部

キャパシティ

1 ~ 9999

ファクタ

1 ~ 65535

単位

mNm、Nm、kNm

検出器歯数

1 ~ 9999 P/R

トルクゼロ補正値

CW/CCW  各方向メモリーに記憶

応答性

時定数設定
16 ms/31 ms/63 ms/125 ms/250 ms/500 ms/1 s/2 s/4 s/8 s/16 s/32 s/64 s

表示桁数

極性 + 4 桁(基本)、極性 + 5 桁選択可能
計測部

計測クロック

4.195 MHz

サンプルクロック

1データのサンプル時間: 1/256 Hz (約 4 ms)
表示部

表示桁数

極性 + 4 桁、極性 + 5桁 切換え可能

単位

mNm、Nm、kNm

表示ゲート時間設定

1 s ~ 10 s (回転部と共通) または外部ゲート

精度

検出器組合わせ時(ゲート時間 1 s 時)
  • N−0補正使用:±0.2%/フルスケール±1カウント(4桁時)
  • N−0補正未使用:±0.5%/フルスケール±1カウント(4桁時)
出力部

アナログ出力

電圧出力 0 ~ ±10 V/FS. (スケールを 0.1 V ~ 10 V まで 0.1 V 毎にアッテネート設定可能 )

応答性

時定数設定による 16 ms ~ 64 s

精度

検出器組合わせ時(ゲート時間 1 s 時)
  • N−0補正使用:±0.2%/フルスケール±10 mV
  • N−0補正未使用:±0.5%/フルスケール±10 mV

温度ドリフト

±0.01 %/フルスケール/℃

 

◆回転信号計測部

入力部

MP-910 等の正弦波

増幅部交流増幅
入力インピーダンス:10 kΩ 以上
入力周波数範囲:10 Hz ~ 100 kHz
入力信号振幅範囲:0.2 Vrms ~ 15 Vrms
コネクタ:BNC

MP-981 等の矩形波

増幅部不平衡直流増幅
入力インピーダンス:10 kΩ 以上
入力周波数範囲: 1 Hz ~ 200 kHz (精度保証は 10 Hz ~)
入力信号振幅範囲:HIGH レベル +4 ~ +15 V 、LOW レベル +0.6 V 以下
パルス幅:2 μs以上
位相判別 90°位相差信号入力時 SIG 1 に対して SIG 2 が 90°進んだ時 CW
SIG1 に対してSIG2 が90°遅れた時CCW
供給電源 DC 12 V、100 mA
コネクタ R03 - R6F
設定部

信号選択

MP-910、MP-981

キャパシティ

10 ~ 100000

単位

r/min、r/s、Hz

最低計測回転速度設定

入力周波数 1 Hz 相当回転速度以上キャパシティ未満を設定

検出器歯車数

1 ~ 99999 P/R

レシオ設定

±1 ~ 9999/1 ~ 9999

回転速度オフセット設定

r/min 時のみ有効 ±1 ~ 9999 (測定値=実測値− 回転速度オフセット )

応答性

時定数設定
16 ms/31 ms/63 ms/125 ms/250 ms/500 ms/1 s/2 s/4 s/8 s/16 s/32 s/64 s
計測部

計測クロック

4.195 MHz

サンプルクロック

1データのサンプル時間: 1/256 Hz (約 4 ms)
表示部

表示桁数

5 桁

単位

r/min、r/s、Hz

表示ゲート時間設定

1 s ~ 10 s (トルク部と共通) または外部ゲート

精度

±0.05 %/フルスケール±1カウント(ゲート時間 1 s 時)
出力部

アナログ出力

電圧出力 0 ~ ±10 V/FS (2相信号入力 CCW  時マイナス出力) (フルスケールを 0.1 V ~ 10 V まで 0.1 V 毎にアッテネート設定可能)

応答性

時定数設定による 16 ms ~ 64 s

精度

±0.1 %/フルスケール±10 mV (1 s平均値)

温度ドリフト

±0.01 %/フルスケール/℃

 

◆出力(POWER)計測部

入力部 計測したトルク及び回転速度より演算

出力(W)=2 π/60 × トルク(Nm)×回転速度(r/min)

PS=0.7355 kW

設定部

キャパシティ

1 ~ 99999

単位

mW、W、kW、PS
応答性 時定数設定
16 ms/31 ms/63 ms/125 ms/250 ms/500 ms/1 s/2 s/4 s/8 s/16 s/32 s/64 s
表示部

表示桁数

極性 + 5 桁

単位

mW、W、kW、PS

表示更新ゲート時間設定

1 s ~ 10 s (トルク,回転部と共通)

精度

トルク表示精度+回転速度表示精度
出力部

アナログ出力

電圧出力 0 ~ ±10 V/FS (フルスケールを 0.1 V ~ 10 V まで 0.1 V 毎にアッテネート設定可能)

応答性

時定数設定による 16 ms ~ 64 s

精度

トルク出力部精度+回転速度出力部精度(1 s 平均値)

 

◆表示パネル

表示部 フルドットマトリックス型液晶表示パネル(320 × 240 ドット )
バックライトON/OFF、コントラスト調整機能付き

主表示

1 ~ 3 段表示選択可能(トルク、回転速度、出力(POWER)から選択)

副表示

ピーク値(MAX、MIN、P-P) リップル率

状態表示

計測準備完了(READY)、CLR入力、トルク信号入力、回転信号入力、CW/CCW、コンパレート ON/OFF

表示項目

任意の項目を選択して2項目表示または3項目表示、7項目表示のパターンに表示可能
操作部 メンブレンスイッチ16キー (←,↑,↓,→,ENTER,ESC,MENU,CW/CCW,TRQ ZERO,TRIG,MEAS DISP, LCD ON/OFF,LOCK,SET VIEW,OPTION,CAL)

 

◆インターフェイス部

REMOTE

クリア入力

接点入力(接点クローズ時強制的に計測値を 0 とする)

回転方向選択入力

接点入力(CW/CCW  のトルクゼロ点の切換、CCW  時接点クローズ)

トリガ入力

接点入力(外部ゲート時は接点クローズで表示、BCD の更新を行う。トリガ機能使用時は表パネルのスイッチとの OR)

トリガ出力

接点出力(表示ゲート時間に同期して ON/OFF - i.e; 1sゲートの場合、0.5s オン、0.5s オフ)

*トリガ入力、トリガ出力により複数台の TS の同期運転が可能

準備完了出力

接点出力(TS がトルク計測状態の場合に接点がクローズ)

入力部

無電圧接点入力の場合
開放電圧: 5.25 V 以下、短絡電流: 1 mA 以下

電圧入力の場合
HI レベル:+4 ~ +5.25 V 以下、Lo レベル:0 ~ +1 V

出力部

フォトモスリレー

負荷電圧:DC 30 V 以下
負荷電流:10 mA 以下
オン抵抗:100 Ω 以下
オフ抵抗:500 kΩ 以上

コネクタ

R03-R8M
アナログ出力

チャンネル数

2 ch

項目

トルク、回転速度、出力(POWER)から2項目選択可能

コネクタ

BNC
BCD出力(TS-0323 オプション)

チャンネル数

2 ch

項目

トルク、回転速度、出力(POWER)から2項目選択可能

出力更新

ゲート設定時間(0.1 ~ 10 s)毎またはサンプル時間毎

出力形式

正論理オープンコレクタ出力(耐電圧:24 V max、残留電圧:0.6 V max

コネクタ

アンフェノール 50 P
コンパレート出力(TS-0322 オプション)

チャンネル数

2 ch

項目

トルク、回転速度、出力(POWER)の上限または下限設定が可能

出力形式

フォトモスリレー

負荷電圧:DC 30 V 以下
負荷電流:100 mA 以下
オン抵抗:10 Ω 以下
オフ抵抗:500 kΩ 以上

RS-232C(TS-0325 オプション)

規格

EIA 及び JIS X5101 に準拠

通信方法

調歩同期全2重モード

伝送速度(bps)

1200、2400、4800、9600、19200

キャラクタ長

8 bit

パリティチェック

なし
ストップビット 1
ターミネータ CR + LF
コネクタ D-Sub 9 ピン オス
GPIB(TS-0326 オプション)
電気的・機械的仕様 IEEE 488 - 1978 に準拠
機能的仕様 SH1、AH1、T6、L4、SR1、RL1、PP0、DC1、DT1、C0
アドレス 0 ~ 30 までのトーカ/リスナアドレスを設定可能
ターミネータ CR + LF
LAN(TS-0324 オプション)
ビットレート 100 Mbps/10 Mbps 自動切換
伝送媒体 100 BASE - TX/10 BASE - T
ネットワーク
プロトコル
TCP/IP(ソケットスループロトコルのみサポート)
コネクタ RJ-45 型(カテゴリ 5 対応)

 

◆その他機能

ピークホールド トリガからトリガ間のピーク値を測定
(トルク、回転速度、出力(POWER)の表示部、コンパレータ)
絶対値測定 表示部、アナログ出力、コンパレータ
リップル率測定 トリガからトリガ間のリップル率を測定(表示、通信による読み出しのみ)

リップル率(%)=(トリガ ~ トリガ間のトルク p-p 値/ トリガ ~ トリガ間のトルク平均値) × 100

設定条件メモリー バックアップメモリー10種コメント入力20文字可能
ファクタ温度補正機能 トルク検出器ファクタ決定時の温度と手動入力した温度係数によるファクタの再演算機能
高速アナログ出力
(TS-0321 オプション)
1 ms サンプルモード

<制限事項>
・コンパレータ出力不可
・アナログ出力時定数固定
・SS、MD型検出器との組合せ使用不可

 

◆一般仕様

電源電圧 AC 100 ~ 240 V ± 10%、50/60 Hz
消費電力 35 VA (AC 100 V)以下
絶縁抵抗 10 MΩ 以上(定格電圧 DC 500 V)
耐電圧 AC 1500 V 1分間
使用温度範囲 0 ~ +40℃
保存温度範囲 -10 ~ +55℃
外形寸法 360 (W) × 99 (H) × 301 (D) mm
付属品 REMOTE 用コネクタ
AC 電源コード
質量 約 5 kg
価格 (税込
オプション
  • TS-0321 高速応答ソフトウェア( (税込 ))
  • TS-0322 コンパレータ出力ボード( (税込 ))
  • TS-0323 BCD出力ボード( (税込 ))
  • TS-0324 LANインタフェース( (税込 ))
  • TS-0325 RS232Cインタフェース( (税込 ))
  • TS-0326 GPIBインタフェース( (税込 ))

※上記オプション価格は取付費用を含んでいます。

Revised:2006/09/19


● 記載事項は変更になる場合がございます。
● 価格情報は皆様の便宜のために参考用として記載された日本国内価格です。

ご購入をご検討いただく場合には最寄りの弊社営業所或いは弊社代理店にご確認下さい。

戻る
お客様相談室 0120-38841  9:00-12:00 13:00-18:00 (土日、祝祭日除く) ご質問・お問い合わせ(フィードバックフォーム)